センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

【誰も語らない「中田翔」好調のヒミツ&杉浦稔大】酔っ払い親父のやきう日誌 《2020年6月29日版》

みんなそうだと思うけど‥‥人生初6連戦(笑) 怖いなぁこれ。さっそく他球場であったようだが、普通に「6連勝・6連敗」起きますぜ。3試合して、仮に3タテくらっても、カード変われば自然と気持ちを切り替えることができる。同じチームと同一球場で6試合もやっ…

【開幕カード「埼玉西武戦」即興駄文】酔っ払い親父のやきう日誌 《2020年6月23日版》

プロ野球が始まった―― 開幕三連戦。ネットでは埼玉西武vs北海道日本ハム、テレビで伝統の一戦‥‥。 さっそく独自「二元中継」を愉しませてもらった。コロナの影響によって、ワケの分からぬ総集編だか特別編を流すくらいなら、良い機会だし、各局もっと積極的…

【カネにまつわる悪い話《三本立て》】エースの社会科日誌 《2020年6月22日版》

アベノマスクがようやく届いた―― 俺は、私はいらないからということで「寄付」する人が全国に多数。 寄付と言えば聴こえはいいが、ほとんどの人は「廃棄」したかったのだと思う。筆者なんか典型的な旧式人間で、大顔な方だから、あのマスクではフィットしな…

【「すっとこどっこい」効く選手or効かない選手?】酔っ払い親父のやきう日誌 《2020年6月17日版》

明後日、19日より三か月遅れでプロ野球が開幕する―― まったく実感が湧かない。たぶん、みんなも一緒なんじゃないかな。ワクワクよりも、なんか「ソワソワ」してる。本当に、このまま開幕を迎えて大丈夫なのかと‥‥。私も、そこそこ長く生きているが、こんなシ…

【「渡部」 以外の センテンススプリング!】エースの芸能日誌 《2020年6月15日版》

週刊文春が今年三度目の 完売?! もちろん、定期購読中の筆者も目にしているけれど、そんなに愉しい記事あったか? いつも通りのように見えたが。‥もし大多数の読者がアンジャッシュ渡部に釣られたのだとしたら、この国はいかにコロナ以外の報道、「エンタ…

【《令和版》古畑任三郎「後任」はあのオトコが適任?】エースの芸能日誌 《2020年6月11日版》

文春6月11日号がよかった。 巻末にある「今こそ見たい5つの映画」は、その道で生計を立てる8人の精鋭が、この時世も考慮しつつ、それぞれ5本の推し映画を発表(※1)。 筆者が観たことも聴いたこともない作品ばかりで、だいぶ参考になった。また、当該映画が…

【あつまれメンヘラ?「世にも奇妙な物語」特別編 】エースのドラマ日誌 《2020年6月06日版》

メンヘラって好きなんだよねぇ....... 女の子は、少しくらい「メンヘラ」の方がかわいい。‥‥って私、このネット用語は女子だけに用いるものと思っていたら、どうも違うようだ。メンヘラは男女共通。‥でも心なし、女子のパターンが多い、気もしていた。 いち…

【甲子園のスターに期待&藤浪晋太郎がイチバン「似合う」球団】酔っ払い親父のやきう日誌 《2020年6月03日版》

プロ野球の開幕日が19日に決まった―― 当面は「無観客」で開催されるとのこと。‥痛いよなぁ。テレビ(ネット)中継はあるんだろうが、メジャーリーグとちがいNPB各球団の放映権料なんて微々たるものでしょう? これでチケット収入もなければ、物販飲食絡みの…

【「三本立て」やるせないニュース‥】エースの芸能日誌 《2020年6月01日版》

片山杜秀氏の新潮コラムに『(令和は)恐るべき言霊が付いているのか。超法規的に改元したらでどうでしょう?』だなんて、冗談とも本気ともつかぬ文言‥‥。私もこれには「賛成」だ。 確かに、あれからロクなことがない、気もする。昨秋、立て続けに巨大台風が…

【撮影復活祝い? 洋画vs「世にも奇妙な物語」 】エースのドラマ日誌 《2020年5月31日版》

緊急事態宣言が全国で解除。止まっていたドラマの撮影も、ぼちぼち再開されるような話を訊く。 春に放映される予定だった「世にも奇妙な物語」は今夏、あらためて送られる模様。広瀬アリス主演の恐怖系作品アリ‥そんな情報も入ってきており『禍を転じて』そ…

【めちゃめちゃイケてる男、そうでない男】エースの芸能日誌 《2020年5月25日版》

きまってニュース番組におけるキャスターの第一声『新型コロナウイルス‥‥』これが終わる日も、近づいてきたのだろうか。 平時からマスクの着用が多く、「お家」時間も長い筆者とて、自粛続きで「しんどい」4カ月間に変わりはなかった。それまでの鬱憤を晴ら…

【キャラ変?「ダルビッシュ有」しばり】酔っ払い親父のやきう日誌 《2020年5月24日版》

ここのところ【ダルビッシュ】の名をよく目にする....... なかでも突発的に発生した日本球界復帰に関する「ネタ」は驚いた。情報を辿っていくと、どうやらMLBの体制に不満を抱き『遠くないうちに帰ってくるのではないか?』という、いささか現実性に乏しいも…

【GAORA便乗企画「2004」シーズンぶった斬り】酔っ払い親父のやきう日誌 《2020年5月19日版》

先日のGAORAスポーツ、ファイターズの北海道移転元年「2004年」を振り返る企画がよかった。 特に印象的だった4試合を、実際の中継を観るように近藤祐司アナと田中幸雄・岩本勉両解説者が語り合うというもの。 プレーオフ敗退ながら、同年はアメリカ帰りの新…

【サンデーテレビジョン日記】エースの芸能日誌 《2020年5月18日版》

「ステイホーム」にかこつけて、日曜日は元来「テレビタイム」が長い―― 朝の【サンデーモーニング】から始まり、【ワイドナショー】【アッコにおまかせ!】の順で立て続けに観ていると、お昼までアッという間である。いずれもネットニュースに取り上げられる…

【コロナ禍「緊急事態宣言」が明けない「鬱々日記」】エースの社会科日誌 《2020年5月17日版》

筆者が住んでいる地域では「緊急事態宣言」がまだ解除されていない。いずれそう遠くないうちに解除されるのだろうが、特段事業者でもない自分が、より気にかけているのは人々のココロの方である。 マスクをしていない人に対しては、まず近寄らない。一般社会…

【とことん「ユーチューブ」語りの矛盾ブロガー】酔っ払い親父のやきう日誌 《2020年5月13日版》

【ワールド・ベースボール・クラシック】が2023年に延期の方向なんだとか....... まぁ来年のオリンピックですら「通常」での開催は難しくなるのではないかと囁かれているくらいだから、それもやむなしか。‥にしても、これから3年後と聴くと、まだだいぶ遠い…

【決定的!「今年の漢字」&超人気番組事件簿】エースの芸能日誌 《2020年5月08日版》

公表では、東京も感染者数の人数が、日に日に減少傾向にはあるようだ。 このまま終息に向かっていけば良いが、今後、数年間は今までのような「平穏」の生活は取り戻せない気がする。それくらいコロナは私たちの心に深いトラウマを刻み込んだ。 それを踏まえ…

【今だからこそ「世にも奇妙な物語」 哀悼特別編】エースのドラマ日誌 《2020年5月06日版》

本当に、今春から始まる予定だった連続ドラマはどう対応するのだろう...... 先月からの緊急事態宣言によって、多くが撮影すら満足に行えていないと聴く。収束し次第、再開するのか‥‥それともいっそ「ワンクール」ずらして新たに仕切り直すのか‥‥まったく不透…

【「回顧企画」 運命の悪戯?「ドラフト」にまつわるエトセトラ】酔っ払い親父のやきう日誌 《2020年5月05日版》

前回も触れた片岡篤史発の、YouTubeチャンネル。古田敦也がゲスト出演の回で発覚した衝撃事実に、某球団ファンは........ なんでも当時大学生だった「古田クン」のドラフト指名を匂わせておきながら、回避した球団が、日本ハムなんだそうな。‥それは私も以前…

【「回顧企画」ズバリ!理想のエースとは ※閲覧注意】酔っ払い親父のやきう日誌 《2020年5月02日版》

さすがは我らの片岡篤史‥‥この男がコロナに敗けるわけがない。 祝退院。さっそくYouTubeチャンネルを覗いてみると、満足に食事すらできない日もあったらしく、またアビガンの集中投薬のせいか、幾分痩せては見えたけれども、以前とあまり変わりなかった。一…

【ぼくが愛した「二次元」プロ野球】エースのやきう日誌 《2020年4月29日版》

ステイホームのご家庭に「スーパーファミコン」の無償提供―― withnews.jp ほー。ソフト2本まで付けて‥‥。 筆者もゴリゴリのスーファミ世代。よって当時を少し思い出していたのだが、あの頃は子供も親も、大変だったと思うよ。 次から次へと新たなゲーム機が…

【今こそ見たい《なごみ系》動物番組観察日記】エースの芸能日誌 《2020年4月27日版》

【サザエさん】が炎上? 殺伐としてますな........ www.daily.co.jp そら磯野家だって、連休中に動物園くらい行くだろうよ。ていうかいつものことだし。ほんとにもう、アニメの世界にまで「自粛」を要請するなw それより休園を余儀なくされている巨大テーマ…

【「栗山日本ハム」8年前に優勝を果たせたふたつの要因】エースのやきう日誌 《2020年4月25日版》

「外出自粛要請」では堅苦しいからなのか、今度は「Stayhome」だって? 本当に横文字が好きだよねぇ、この国のお上の方々‥。B'zとかミスチルの歌じゃないんだから勘弁してよ。 まぁ病気には罹りたくないから、いちおう筆者も終日Stayhome。判を押したように…

【週間《自宅待機》テレビ番組観察日記】エースの芸能日誌 《2020年4月18日版》

火曜日 【林修の今でしょ!講座 2時間スペシャル】 テレ朝が送るこの番組。まともには、初めて視聴した気がする。 ちょっとググってみたら、番組開始から7年近く経っていて、意外と長寿。‥‥しかしながらゴールデンに冠を持つとは(しかも複数!)。「先生」…

【恐怖!くりかえし作品「世にも奇妙な物語」超5選※トリビア付き】エースのドラマ日誌 《2020年4月17日版》

牧瀬里穂主演の映画【ターン】。この作品、誰もいない世界で同じ日、同じ時間が何度も繰り返される。もし、それと同じ状況に置かれたら人は‥‥やはり「気が触れて」しまうのだろうか。 そんな中でも、前向きに生きようとする描写が【ターン】で観られた。物は…

【下柳剛「超傑作トレード」&まさかの事態に絶句‥‥】エースのやきう日誌 《2020年4月15日版》

片岡篤史が自身のYouTubeチャンネルで、下柳剛と対談していた―― ちょうど日ハムで同じ釜の飯を食っていた頃を回顧していた動画で、興味深く拝見。新たに分かったことも多かったのだが、まずトレード秘話。1995年、ダイエーホークスとの間で交わされた、トレ…

【誰も触れない「コロナ禍」のプロ野球】エースのやきう日誌 《2020年4月14日版》

最悪、シーズン中止もあり得る...... との見解を示す記事を見かけた。たしかに5月中旬以降、開幕を「無事に」迎えられたとして、一体どれくらいの試合数をシーズン中にこなせるのだろうか。‥‥中途半端な形式かつ客を入れないで行われるのなら、いっそ中止も…

【「CMデビュー?」&ある日の関根潤三氏】エースのやきう日誌 《2020年4月11日版》

物心(野球に目覚めたとき)ついた頃のヤクルトの監督が、関根潤三氏―― www.nikkansports.com おぼろげな記憶ながら、ノビノビとしたヤクルトのチームカラーに、関根監督が持つ「ほんわか」な感じがマッチしていた印象。だが、やはり筆者の世代以降の野球フ…

【「美談」の裏側で&「出会い系ショック!」】エースのやきう日誌 《2020年4月09日版》

なんでも『人間が小さい』と言われたことが、別居を決心した理由なのだとか。小倉優子の旦那―― 分かるなぁこれ。身につまされるね。若いとき、それと同じ捨て台詞を吐かれた記憶。がある。 ‥‥はいそこ!お前ならあるだろうと、納得しないように。 こちとら出…

【酒を呑みながら観たい?「世にも奇妙な物語」超5選※トリビア付き】エースのドラマ日誌 《2020年4月08日版》

外出自粛要請がある今こそ、「インドア派」の実力が試されるとき―― いいんじゃない?外に出るなって言うのだし、当該地域にお住いの皆さまは、心ゆくまで寝て、昼間から(自宅で)酒を呑む‥‥なんてのも。こんなこと滅多に起こらないのだから、まっさらな「自…