センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

清宮幸太郎 「日ハム入り」の仮説

私、ハムノエースはこの度、清宮選手の北海道日本ハムファイターズ入りを明言します.... 22日、プロ志望届の提出を正式に表明した早実の清宮幸太郎内野手。 これで高校生では、広陵の中村奨成捕手と人気を二分しそうな気配。先のU18で打ちまくった履正社、安…

さながら、永遠にBL学園‥

なんだか最近、岩本勉の解説が妙に心地よい.... 先日の北海道日本ハム対福岡ソフトバンク戦でのこと。今季、中田翔に「キレ」がないのは基礎練習不足。ウォームアップで今でもダッシュを繰り返す、千葉ロッテの大ベテラン・福浦和也を見てみぃ‥‥と。もし、こ…

ちょっと気になった雑誌のコ volume.8 【紗栄子】

20代の頃、僕はよく「絶望」していた。 サラリーマン‥といえば聴こえはいいが、一介のイチ派遣社員。チマチマと月20万前後の小金を稼ぎ、何か、いつも窮屈な生活を送っていた。そうした人生に、はたしてどんな「意味」があるのだろうと。 ‥意味なんか求めち…

【詰め合わせ】 日本ハムあれこれ話Neo2

大谷翔平(23)投手兼野手の今オフでのメジャー移籍が濃厚となり、またチームの主砲・中田翔(28)のFA移籍も、だいぶ早い時期から取り沙汰されている。大幅に顔ぶれが変わってしまいそうな来季の北海道日本ハムファイターズ。だが、その決断‥‥本当にそれ…

【詰め合わせ】 日本ハムあれこれ話Neo

最近、少々野球ネタ‥とりわけ「ハムネタ」から、遠ざかっていた私。 ‥もちろん、ハムの動向は毎日のように気にかけていた。CS進出も消滅し、完全に「消化試合」と化したゲームにも、いちいち一喜一憂できる自分は、やっぱりハムを愛している。この間にあら…

ちょっと気になった雑誌のヒト volume.7 【ダイアナ】

眞子様がご婚約..... 卓球の福原愛なんかもそうだけれど、ブラウン管を通じて我々が小さい頃から見てきた方たちも、いつの間にか、そんな“お年頃”となっていて、何か歳月の重みのようなものを感じさせる。 歳月の重み‥‥今年はダイアナ妃の「没後20年」にあた…

バブルと奇妙(笑) 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.4

決して心から望んでいたわけではなかったが、ここまで独身貴族(?)を貫いてきた筆者..... 別に結婚したいとも思わなかったし、何より僕は「ひとり」が好きだった。何度かチャンスというか、してもいいかな‥そう思えるくらいのヒトも、いたにはいたけれど、…

バブルとダイエー

「バブル期」って、どんなだったんだろう.... 自分も、そう呼ばれた時代に“かすって”はいるが、まだ子供であったため、イマイチ実感が伴わない。それほどまでに「金」が世に溢れていたのか。 考えてみればあの時代に、今思うとどこにそんな金があったのか‥う…

ちょっと気になった雑誌のヒト volume.6 【菊池雄星】

「菊池雄星」って、好きなんだよねぇ..... この唯一無二感?オンリーワン具合!? 漢字までまったく同じ同姓同名さんは、おそらく日本にいらっしゃらないのではないか。同期の筒香嘉智なんかもそうだけれど。できれば僕も、こういうカッコイイ名前を頂戴した…

ちょっと気になった雑誌のヒト volume.5 【ヒカル】

ユーチューバーは、本当に稼げるのか..... 動画投稿だけで月に何百万と稼いでいる輩が、この世の中にはいるらしい。おそらく、あの鬱陶しい広告収入が主なのだろうけれど、ひとつひとつを見れば、それは微々たるもの。したがって塵も積もれば‥のごとく、彼ら…

ハゲの審判 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.3

今年、ある意味「政界の顔」だったといってもいい豊田真由子..... 『この、ハゲぇ~~』が流行語大賞に選ばれることは、さすがにないだろうが、世間を震撼させた?超ド級のインパクトは、まさに“大賞級”である。 あれから、しばらくナリを潜めていた彼女が、…

楽天イーグルスの未来

今シーズンの東北楽天‥‥似てるなぁ 2011年の北海道日本ハムに あの年は奇しくも梨田政権最終年。夏場まで福岡ソフトバンクとデッドヒートの様相を呈していたが、9月に入り失速。同月6勝18敗1分けの体たらくで、最終的に首位ソフトと17.5ゲーム差もの大差をつ…

和製ミザリー? 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.2

先の謝罪会見において、マスコミにも紳士的に応じ、さらに男を上げた感もある渡辺謙..... 「不倫」絡みで幾分好意的な目を向けられた男性タレントは、彼と六代目円楽師匠くらいではないか。‥しかしながら、とんだ“とばっちり”を受けたものである。まさかホテ…

福田秀平よりも「男前」だった?あるイケメン投手

東北楽天に在籍するジャフェット・アマダー(30)が、大立ち回りを演じた。 1日の福岡ソフトバンク戦。東浜巨が投じたインハイの投球に激高。「威嚇行為」で退場宣告を受けた。‥おかげで4番打者をゲーム序盤に失った楽天は元気なく敗れさり、大失速中のチー…

ちょっと気になった雑誌のコ volume.4 【石原真理子】

ゴメン、むっちゃ気になった! 「センテンススプリング」にここまで書かせたオンナを、僕は..... 週刊文春 2017年 8/10 号 [雑誌]誌面より その美貌は衝撃的だった 衝撃的な美貌、どんだけみたいな。 万引きで逮捕されたと、一部で報道された女優。しかし、…

【詰め合わせ】 日本ハムあれこれ話

これで私も少しは大谷翔平と「関係」がもてた..... なんて、妙齢のギャルが口にしたら「文春砲」のようにも捉えかねないが、こちとら“高齢のオヤジ”である。ほんなら、一体オヤジが大谷とどんな“関係をもてた”のかというと、カットしてもらっている美容師が…

ナメック星でのベジータに‥‥

『戦争に汚ねぇもクソもあると思うか』 今聴くと、また別の意味でドキッとさせられるセリフを口にしたのは、ドラゴンボールに登場する孤高の戦士、ベジータである。筆者は彼が好きでたまらない。 最大のハイライトは、やはり、ナメック星での激闘の数々。孫…

恋女房・鶴岡慎也(再)

【もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら】なる本が、話題を集めているようだ。 対象の“文豪”ひとりにつき、1ページから2ページと、パラパラと読める内容のもので、立ち読みで済ませた。本屋・作家とも、有り難くないお客で申し訳ない(苦笑) 「…

さよならメンディ?

リーグ優勝の可能性は完全消滅したファイターズ。それなら、クライマックスS進出の可能性がある限り、最後まで諦めずに‥‥ なんて、野暮なことは言いたくない。現実的にどう考えても無理だ(苦笑) ノン・プレッシャーのなかで戦う野球も、また乙である。近年…

ちょっと気になった雑誌のコ volume.3 【今井絵理子】

何かとお騒がせな元SPEED・今井絵理子クン.... 筆者は世代的にモロSPEED世代である。当時の男たちは、大体そっちか、全盛少し前の「モー娘。」‥。“二大アイドルグループ”に熱を上げていたように思う。 デビュー当初は、安室奈美恵やMAXらに代表…

熱かった「公」の日の、1993

花咲徳栄高校の優勝で幕を閉じた、今夏の甲子園.... 決勝戦の行方は私も見守っていたが、そもそも埼玉県勢が決勝に進出したこと自体、24年ぶりであったそうだ。 24年前、春日部共栄の2年生エース・土肥義弘が甲子園のマウンドで躍動。優勝した育英打線には大…

「超高校級捕手」より欲しい?花咲徳栄のあの選手

花咲徳栄高等学校が全国制覇を成し遂げた..... 夏は、埼玉県勢初の偉業。贔屓にしている日ハムの優勝とともに、死ぬまでに一度はお目にかかりたかったので、埼玉っコである筆者の感慨も一入だ。 埼玉人でもないかぎり、プロ注目の中村奨成擁する、広陵高校を…

ちょっと気になった雑誌のコ volume.2 【平原綾香】

ずっとお近づきになりたかった彩香チャン。 『あ、あのアヤカさんって‥』意を決し、彼女に話しかけてみたら 『わたし!サヤカです‥』 そんなオチがあった。 事前に彼女の情報を仕込んでなかった、僕のミス。若気の至りである。 ‥それ以来というもの、一見あ…

ヒトを幸せに導く、ヒトのために時間を割けるヒト

俺はいったい、何人の女を幸せにできたんだろう.... ここ数年、そんなことをよく自問していた。そもそも「幸せ」の基準なんて、私に明確なものは解らないけれど、ぼんやりとビジョンは見えている。 ヒトとして、女として生まれてきてよかった‥‥ あなたと巡り…

ちょっと気になった雑誌のコ volume.1 【斉藤由貴】

50代の医師との不倫が発覚‥‥「手つなぎデート」が世間の注目を集めた斉藤由貴(50)嬢。 不倫の是非はともかく、異性と映画を鑑賞し、手を繋いだだけでこんな報道のされ方をしてしまう彼女、有名人もいちいちタイヘンである。あの映画館の暗がりで‥まぁ彼女…

「ドラゴンクエスト」で甦る記憶? 世にも奇妙な物語 最怖トラウマ回

ドラゴンクエストはやられていますか? 僕もちょびちょびやり始め、最近ようやくホムラの里にて、ベロニカとセーニャを仲間に加えたところ。これでだいぶ戦闘が楽になった(笑) 久々のドラクエだったので、不明な点も多く、この前も「どうの大剣」なる、序…

「川工」の星となれ ー太田賢吾ー

チームの不甲斐なさ、また以前には谷元圭介の放出劇なんかもあったりして、怒りをぶつけてしまったり、絶望を嘆いたりすることも多くて「偏屈なジジイ」みたいな印象をお持ちになっている読者も、近ごろは多いのかもしれない。 が! んなこたぁない。こんな…

どうする?稲葉JAPAN

打てども打てども、得点には結びつかない.... こういう試合が、もっとも苛立つ。結果、試合に勝ったなら、少しは報われるようなものの、敗戦となれば、そのイライラを一体どこかで発散させれば良いのだろう。ある意味ヤツらは卑怯だ。 13日のソフトバンク戦…

愛の在り方について問う 【悲しみを抱きしめて】 西村匡史

お盆‥‥昔も、今も僕には帰る場所がない。帰るところがある人が羨ましかった。 そういった人が、乗客の中に大勢いたと訊く。32年前のちょうどお盆時期‥8月12日の夕刻、御巣鷹の尾根に墜落した、日航機事故ーー mainichi.jp リンク先の記事にある田淵親吾さん…

Fs摩訶不思議アドベンチャー.2017

10日の試合が終わった時点で借金が30以上もある。なのに最下位ではない。‥例年なら「ひとり負け」していても、おかしくはない、凄まじい“負けっぷり”なのに。北海道日本ハムのこんな今季の摩訶不思議アドベンチャー、 いらんわい これで東北楽天にも3勝12敗…