センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

【金子弌大手記で見る、理想の○○&ホークスのピンチに‥‥】 エースのやきう日誌 《2019年4月19日版》

最終回、ショートからの送球がファーストのグラブからこぼれ落ち、ファイターズに決定的な追加点を与えてしまう‥‥。ジョーイ・メネセスのプレーは週末の「喝!」必至だ。 こっちに問題があったんだ!と言わんばかり、しきりにグローブを弄っていた彼。たぶん…

ラストを考察「真の絶望編」 ―世にも奇妙な物語―

個人的に応援している野球チームに対する不満や愚痴を述べても、ヒトによっては不愉快だろうし、大して見どころのなかった映画の感想を綴っても、読者はつまらない...... さぁ困ったゾ。私は他に何を語れるだろうか。‥‥ここ数日、煩悶を繰り返していたら、“…

【「ガチ速」柿木蓮 版!同級生対決の行方‥‥】 エースのやきう日誌 《2019年4月14日版》

今季(も)大幅に負け越し、イースタンリーグ最下位に甘んじているファイターズ....... しかし、それにはちゃんとワケがある。実戦第一と言わんばかり、高卒選手をこんな開幕から積極起用している球団は、12球団でもハムくらいだろう。従来なら散々たる数字…

【「ガチ速」吉田輝星プロ4戦目 !&斎藤佑樹を観ながら感じたコト】 エースのやきう日誌 《2019年4月13日版》

前回登板とは打って変わり、穏やかな日差しが射しこむ二軍本拠地・鎌スタで吉田輝星が二度目の先発に臨んだ。一軍昇格に向けて試金石となりそうだった試合のポイントは二つ。清水優心との初バッテリー。そして、一軍経験者がズラリ並べられたマリーンズ打線…

【野球映画を野球好きが解説してしまうと‥‥ただの野球バカ】エースの映画日誌ミニ 《2019年4月12日版》

‥‥たとえば【カッコーの巣の上で】。 主人公がワールドシリーズの視聴を、施設の職員に懇願している。【レナードの朝】では、記憶を失った父親にメジャーリーグについて書かれた記事を読み聞かせる、娘のシーンがあった。冒頭から試合の模様が映し出される【…

【恐怖の「球場熱」&左腕王国到来?】 エースのやきう日誌 《2019年4月11日版》

福岡ソフトバンクとの今季初カード...... 初戦が引き分け。2戦目は延長の末、ファイターズが勝利を収める。いずれも接戦だった。昨年から続いていた対ホークス戦の連敗が「7」でストップ(ポストシーズンを除く)。柳田、グラシアル、中村晃が不在で、ようや…

【雨のメリット「プロ野球編」&秋吉亮という花丸戦力】 エースのやきう日誌 《2019年4月10日版》

ドーム球場を本拠にしているチームが地方遠征に行った際、雨に祟られて試合中止になる‥‥意外と多い、プロ野球の“あるある”だ。 『北九州(市民球場)が中止なら、“いつもの”福岡ドームでやればいいじゃないか』そんなふうに子供のときよく思ったりもしたけれ…

【一瞬意識を失くした「悪夢」の9回‥‥】 エースのやきう日誌 《2019年4月8日版》

以前にも触れた、球団別いよいよ開幕「スカパー!」のCM....... あの記事は正しくなかった。北海道日本ハムのバージョン、『金子が来て 上沢 有原だっている』のあと、最後に『抑えは‥‥』そう付け加えられていたのだ。記事は、きちんと“正確に”記さなくて…

【国内初「オープナー」について語りたい】 エースのやきう日誌 《2019年4月6日版》

北海道日本ハム制作の映画を観てきたという話を以前にした。そのときの後日談....... risingham.hatenadiary.com 映画館を後にする群衆の一角から、こういった会話が聴こえてきた。 『○○でないと、もう物足りない‥‥他の監督だったら‥‥』 ○○の箇所がよく分か…

【さわるな危険?「不快指数」MAX作品】エースの映画日誌ミニ 《2019年4月5日版》

明日、もし自分が死ぬと分かっていたら、体験したいことがある。しかし、それはおそらく、生涯叶えられることはないだろう。その行為が法に触れてしまうのだ。 だから、明日死んでしまうのであれば‥‥。もうこれ以上、自分には害が及ばないと分かっていたので…

【「ガチ速」吉田輝星プロ3戦目!初先発】 エースのやきう日誌 《2019年4月3日版》

東洋大時代から前評判のよかったドライチコンビ、上茶谷&甲斐野‥‥。彼らが開幕からプロでバリバリやれているところを見ると「即戦力」が羨ましく思うときも、正直あった。 しかし、どちらかといえば『終わりよければ』の世界。ファイターズのドライチは未来…

【「祝開幕」ハム開幕三連戦総評と今後の展望】エースのやきう日誌 《2019年4月1日版》

「ハンコック」 について情報を集めようと思い、検索をかけたら【ワンピース】の登場人物に先ず行きついた....... 抜群のプロポーションを持つ、その女性キャラにすっかり見惚れ、関連ページをハシゴ。お目当てだった、ジャスティン・ハンコックそっちのけ(…

【未来を変えた男の断罪!「アメリカ産」のび太?】エースの映画日誌ミニ 《2019年3月31日版》

全国にいるドラえもんファンを敵に回したとしても、私は言いたい。 野比のび太の「生き方」が嫌いだと―― 彼の内面にある優しさだとか知っているし、彼なしでは漫画自体が成り立たなくなってしまうのだって理解している。にも拘らず、どうしても腑に落ちなか…

【開幕直前!2019.大注目Fs選手&東北の星ふたたび?】エースのやきう日誌 《2019年3月29日版》

星稜高の奥川恭伸は、昨年の吉田輝星より『頭ひとつ半上』....... そんな関係者の談話を載せた記事を見かける。注目された春の選抜では28日、習志野高校の前に敗退してしまったが、完投で二桁奪三振。‥‥なるほど前評判どおりの好投手だった。 ※元日本ハムス…

【きみは本当の埼玉を知っているか&傷だらけのうさぎ】エースの芸能日誌 《2019年3月28日版》

たとえば、下の記事なんか埼玉“あるある”。 家賃が安い、はまだいいけれど、都心へのアクセスも良いし♪とか、そうした端から東京の「格下的」な発想は、まごうことなき事実だとしても、あまりしてほしくない(職場事情なら別)。 www.nikkansports.com 彼も…

【友だちはどこいった?俺は世界を救うロッキー!】エースの映画日誌ミニ 《2019年3月27日版》

22日放送分、TBS系【今夜解禁!ザ・因縁】。これを視ていたら、とある格闘家の過去の試合映像が映し出され、壮絶な殴り合いがまるで「ロッキー」のようだったと喩えられていた...... 映画【ロッキー】は、大昔に観たっきり。あの味わいのある音楽は今でも口…

【「ガチ速」吉田輝星プロ2戦目!&掘り出し物ルーキー?】エースのやきう日誌 《2019年3月26日版》

『埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ!』のおかげで、吹き荒れるサイタマ旋風。26日、いま旬の同地に降り立ったのは昨年の「金農旋風」ド真ん中にいた吉田輝星、その人である―― ロッテ浦和球場で行われたマリーンズ戦。前回のプロ初登板から一週間置…

【「ガチ速」プレ・開幕オリックス戦&スカパー野球?】エースのやきう日誌 《2019年3月24日版》

巨人とマリナーズのオープン戦および、イチロー・マリナーズvsアスレチックスの日本開幕戦を観ていた際、中継中、やたら目にしたのが【スカパー!】のCMだった....... 監督が代わった。丸が来た。頼れる新戦力が来た!って、ナレーションが入るアレよ。ち…

【それぞれの「イチロー」& We Are the Champions】エースのやきう日誌 《2019年3月22日版》

もはや称賛の声しか聴かれない、映画【ボヘミアン・ラプソディ】。 そこでQueenの楽曲を初めて知ったという方も、けっこう多いのだそう。私は‥‥というか私たちファイターズファンは、稲葉篤紀氏が以前、Queenを登場曲にしていたのもあって、比較的…

【すべてに疲弊した?あなたが観る物語】エースの映画日誌ミニ 《2019年3月21日版》

最近の週刊誌は「死」にかんするものが多い‥‥そう林真理子が連載中のエッセーのなかでボヤいていた。 なるほど、言われてみれば。「週刊朝日」あたりは特に目に付く。試しに先月2月にあった特集をザっと列挙してみよう。【困る前に整える死後の手続き】【生…

【「ガチ速」吉田輝星2軍デビュー戦&熱血先生】エースのやきう日誌 《2019年3月19日版》

ドラフト1位ルーキー吉田輝星が19日、東京ヤクルトとの二軍戦で公式戦デビュー。結果は、2回を1失点投球だった―― 5回の頭から登板した吉田輝はストライクが入らず、いきなり先頭打者を歩かせてしまう。ヒットと送りバントで1死2,3塁。後続を浅いレフトフラ…

【「ガチ速」アスレチックス戦&金子弌大の可能性】エースのやきう日誌 《2019年3月18日版》

18日、アスレチックスとのオープン戦。先発を務めた斎藤佑樹(30)が2回1失点投球。対外試合では初となる失点、本塁打を浴びるも1点にとどめた―― さらに詳細を記すと、2与四球1奪三振。1被安打のホームランは、昨季MLBで27本塁打のピスコッティーが記録。三…

【最強の「相棒」は娘?ニコラス・ケイジの超傑作】エースの映画日誌ミニ 《2019年3月14日版》

詐欺グループの実行犯が逮捕されたらしい―― それを筆者は前夜の「報道ステーション」トップニュースで知ったのであるが、直前まで放映されていた刑事ドラマ【相棒17】が、ちょうど大規模な詐欺グループと対峙していたというのも皮肉な話だ。 現実と大きく異…

【獲得予想?ひそかに狙う次なる(秘)ターゲットは「大物」か】エースのやきう日誌 《2019年3月13日版》

順位予想‥‥そんな野暮なことはしない。 ひいきチームの優勝を信じずにいてどうするんだ。せめて開幕前くらい、ファンはでっかい夢を見ようぜ―― なんて、昨今のハムだからこんなコト言えるけど、一昔前は、優勝の「ゆ」の字も口に出せなかった。恐れ多くて。…

【「第三のヨウスケ」時代到来?洞口依子にドキッ!】エースの芸能日誌 《2019年3月12日版》

十代の頃、よく観ていた野島伸司脚本ドラマ。これに度々出演していた「三大ヨウスケ」を、あなたはご存知だろうか。 『そこに愛はあるのかい?』のセリフで一世を風靡し、最近は【愛という名のもとに】バージョンを山本高広にパロられている、江口洋介―― 非…

【プレゼント(ギフト)をおくるその前に】エースの映画日誌ミニ 《2019年3月11日版》

3月14日。まもなくホワイトデー。 筆者が子供のときからあった、この謎なイベント‥‥。一般的にはひと月前の「バレンタイン」の返礼に充てる方々がほとんどだと思う。会社勤めしていた頃わりと困ったのは、個包装の‥単価にして何十円相当の菓子を配っている、…

【リアル・シネマパラダイス☆】エースの映画日誌ミニ 《2019年3月9日版》

春休みになると、母が、きまって映画館に連れたってくれた。 家族で映画を観に行く、小洒落た習性なんか普段はないのに、この季節になるとドラえもんやらのアニメ映画を観させてくれるのだ。お金もなかった僕にとっては、それこそ年に一度の映画観賞‥‥。 も…

【誰もが「主演」になれる!名監督・KURIYAMAの世界】エースのやきう日誌 《2019年3月7日版》

【ハケン占い師アタル】のオープニング曲「ウィリアム・テル序曲」を聴いて、なんとなくテンションが上がってしまう―― 西の方に住む人を中心とした、野球ファンあるあるであーる。 ウィリアム・テル序曲/運動会BGM 同じ西の方のチームでも、カープのファン…

【STOP!暴走老人】エースの映画日誌ミニ 《2019年3月6日版》

近未来の日本が怖い。 全国各地にいるとされる「暴走老人」がこれ以上、増殖していくのかと思うと、巨大地震と同等の恐怖感をいだいてしまう。‥どうして今日の老人方はいつも不機嫌で、こうもキレやすいのか。 日本で最初に「暴走老人!」と言った(広めた)…

【事実の向こう側にあった、真実の行方―】エースの映画日誌ミニ 《2019年3月4日版》

平成時代にいた凶悪犯‥‥たとえば元死刑囚のM、Tあたりも逮捕当初は精神病を装っていたという。昨年執行されたあの教祖も、一部の間でそういった憶測がなされていた。減刑を狙った、おそらく弁護士の意見に基づく“法廷戦略”の一環なのだろう。むろん、対峙…