センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

【詰め合わせ】 プロ野球あれこれコラム5.下世話

久々にハム戦以外のプロ野球の試合を、ガチ視聴した..... CSファーストステージ第3戦、埼玉西武vs東北楽天。今シーズン、双方に球団にカモられた、ハムファンにとって憎き相手‥。「赤」は楽天と広島だけでもう十分なのに、西武は今シリーズずっと赤色の…

【辛口】 斜め横からみた 「世にも奇妙な物語 2017秋の特別編」

お待たせしました と、一応いっておこう。 今秋放送の「世にも奇妙な物語」を視聴した。普通にあらすじや感想を述べても面白くないと思うので、恒例“斜め横からみた”僕のプロフェッショナルな見解を今回も述べてみたいと思う。 なので、未視聴の方は僕が何の…

2017秋の特別編放送直前sp 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.8

・隣室に住む住人の足音がうるさい(フローリングならスリッパ履けよ) ・新聞をとっていたときの集金人に道端で偶然会い、挨拶したらシカトされた(したくもなかったけど、一応こっちはしたんだゾ) ・図書館にて、人がいる前で堂々と屁をこくオヤジ(一体…

【私選】 最近気になったこのニュース PART.1「インスタかっ」

インスタグラムが若者に人気を集めている。 ミーハーな私も、当然アカウントをつくり、何度か投稿をした。が、大した反応もなく(笑)。それもそのはずだ。読んだ本を記録しておこうと、本の画像をアップしていたのだが、物珍しくもなければ、んなものを見て…

【詰め合わせ】 日本ハムあれこれ話Neo5

10月12日は、ファイターズファンにとって「特別な日」だ。 11年前の今日、福岡ソフトバンクを破り、25年ぶりのリーグ優勝を決めた日。当時はペナントレース1位通過チームではなく、プレーオフ(現CS)に勝ったチームがリーグ覇者とされた。敗けたら、すべて…

ちょっと気になった雑誌のヒト volume.11 【高橋一生】

読書に集中するため、恒例のマックへ夜な夜な足を運んだ。 客もまばらな店内。注文を済ませ、席について珈琲をすすっていると、なにやら店員たちのヒソヒソ声がこちらにまで届いてくる.... ♂『20代後半ってとこじゃね?』 ♀『いや、30はいってるっしょ!?』…

【詰め合わせ】 日本ハムあれこれ話Neo4

吉川光夫 12試合 1勝3敗 防御率5.87 陽岱鋼 打率.264 本塁打9 打点33 石川慎吾 打率.242 本塁打5 打点20 谷元圭介 18試合 0勝1敗6H 防御率6.00 《8日夜現在 谷元は中日のみ》 これらの数字を見ながら、私は、はたと感じたのである。ん?日ハム編成は、やっぱ…

「10.7」の衝撃!宮崎勤の真実

普段、テレビ番組の感想を書くことは「世にも奇妙な物語」以外、ほとんどないのだが、7日夜フジで放送された【衝撃スクープSP 30年目の真実 埼玉連続幼女誘拐殺人犯・宮崎勤の肉声】は、ちょっと私も語らずにいられなかった。 もちろん、彼のすべては知ら…

【詰め合わせ】 プロ野球あれこれコラム4

ヘルニアうっぜぇ~ ヘルニアなんかマジこの世から消えてなくなれよ.... そう思わずにいられない。近藤健介を患った(やった)椎間板ヘルニアが、今、憎くて仕方ないのだ。ヘルさえなければ、ひょっとしたらNPB初の打率4割台プレーヤーも夢ではなかった、…

結婚シミュレートできなかった男の悲恋?「世にも奇妙な物語」最怖トラウマ回 番外編

徹底的に男社会で育ってきた僕は、初めて“交際”らしきしたのも遅く、ハタチを少し過ぎた頃だったと思う。 映画デートというものには、たしかに憧れていた。しかし一方でしたたかな計算もあった。映画なら3時間前後は約束される‥。「付き合いたて」のときに陥…

【詰め合わせ】 プロ野球あれこれコラム3

何で辞めるんだ! 3日の引退試合。軽快にゴロを裁く札幌ドームに集まった観客誰もがそう思ったはずである。最近「劣化」なんて言葉がそこかしこで多用されているけれど、少なくとも飯山裕志の守備に関してはそれは感じられない。肩といい、正確なスローイン…

【詰め合わせ】 プロ野球あれこれコラム2

「矢野謙次+戦力外」のあとに、グーグルなんかのサジェスト機能では「誤報」と呈示される..... ん? 先日一気に広まった矢野の戦力外情報は、本当に誤報なのか?‥執筆中の今現在、たしかな事はわかっていない。 まぁ、一介のファンから言わせれば『そうなっ…

ちょっと気になった雑誌のヒト volume.10 【南沙織】

インスタグラムの台頭で、今は一般人も競うようにして美しい写真をおさめようとしている..... その辺りの「芸術」について、筆者は何の知識も、関心もない。だから写真家・篠山紀信氏にいたっても、失礼ながら綺麗な女ばっか撮っている“エロいじいさん”くら…

【詰め合わせ】 プロ野球あれこれコラム1

ポストシーズンのない10月..... どうやって過ごせばいいのだろう。前にも経験あるはずなのだけど、4年ぶりで戸惑っている日ハムファン、結構いらっしゃるのではないか。‥筆者も第2、第3あたりの週末は毎年かならず予定を空けていたのだが、今季はその必要も…

貸したカラダ返せよ~ 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.7

タイトルがちょっと嘉門達夫チックだ..... 昨年、日本映画界に旋風を巻き起こした【君の名は。】。朝目覚めたら、男子高校生が見知らぬ女の子になっていたという‥ファンタジーといえばいいのかなんなのか。結果的にいって「時空」を超えた男女入れ替わりであ…

【詰め合わせ】 日本ハムあれこれ話Neo3

28日夜の時点で福岡ソフトバンクが92勝..... いくら試合数が増えたとはいえ、1年でこんなに勝てるもんなんだな(笑) ソフトは今シーズン、たしかに強かったかもしれない。ただ、それ以上に今シーズンの北海道日本ハムと千葉ロッテが弱すぎた。両チーム合わ…

最怖の刑罰&三上博史・愛(再) 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.6

雨の多い8月。ここにきて、また真夏のような暑さ。‥もうすぐ月見バーガーの販売も終わる頃の10月だというのに、外では蝉が鳴いている。まったくもって世にも奇妙な日本列島。 そういえば蝉の一生の素晴らしさを説いた作品も以前にあった【世にも奇妙な物語 2…

ちょっと気になった雑誌のヒト volume.9 【グッチ裕三】

ネット辞書によると【エセ】とは、2通りの意味があるらしい..... 1.似ているが、本物ではない、にせものである、の意を表す 2.つまらない、とるにたりない、質の悪い、の意を表す ‥似ているが、本物ではない、これは当然。なおかつ、つまらなくて“とるにたり…

学歴なんてクソくらえ(笑) 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.5

今おもうと、息苦しい世の中だった。 勉強、勉強、また勉強‥。現代を生きる子供たちがどうなのかは知らないが、我々の頃は「学習塾」に通わされていない子の方が珍しかった。なぜ学校以外でも、勉強をしなければならないのか。‥“時代”と言われればそれまでだ…

清宮幸太郎 「日ハム入り」の仮説

私、ハムノエースはこの度、清宮選手の北海道日本ハムファイターズ入りを明言します.... 22日、プロ志望届の提出を正式に表明した早実の清宮幸太郎内野手。 これで高校生では、広陵の中村奨成捕手と人気を二分しそうな気配。先のU18で打ちまくった履正社、安…

さながら、永遠にBL学園‥

なんだか最近、岩本勉の解説が妙に心地よい.... 先日の北海道日本ハム対福岡ソフトバンク戦でのこと。今季、中田翔に「キレ」がないのは基礎練習不足。ウォームアップで今でもダッシュを繰り返す、千葉ロッテの大ベテラン・福浦和也を見てみぃ‥‥と。もし、こ…

ちょっと気になった雑誌のコ volume.8 【紗栄子】

20代の頃、僕はよく「絶望」していた。 サラリーマン‥といえば聴こえはいいが、一介のイチ派遣社員。チマチマと月20万前後の小金を稼ぎ、何か、いつも窮屈な生活を送っていた。そうした人生に、はたしてどんな「意味」があるのだろうと。 ‥意味なんか求めち…

【詰め合わせ】 日本ハムあれこれ話Neo2

大谷翔平(23)投手兼野手の今オフでのメジャー移籍が濃厚となり、またチームの主砲・中田翔(28)のFA移籍も、だいぶ早い時期から取り沙汰されている。大幅に顔ぶれが変わってしまいそうな来季の北海道日本ハムファイターズ。だが、その決断‥‥本当にそれ…

【詰め合わせ】 日本ハムあれこれ話Neo

最近、少々野球ネタ‥とりわけ「ハムネタ」から、遠ざかっていた私。 ‥もちろん、ハムの動向は毎日のように気にかけていた。CS進出も消滅し、完全に「消化試合」と化したゲームにも、いちいち一喜一憂できる自分は、やっぱりハムを愛している。この間にあら…

ちょっと気になった雑誌のヒト volume.7 【ダイアナ】

眞子様がご婚約..... 卓球の福原愛なんかもそうだけれど、ブラウン管を通じて我々が小さい頃から見てきた方たちも、いつの間にか、そんな“お年頃”となっていて、何か歳月の重みのようなものを感じさせる。 歳月の重み‥‥今年はダイアナ妃の「没後20年」にあた…

バブルと奇妙(笑) 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.4

決して心から望んでいたわけではなかったが、ここまで独身貴族(?)を貫いてきた筆者..... 別に結婚したいとも思わなかったし、何より僕は「ひとり」が好きだった。何度かチャンスというか、してもいいかな‥そう思えるくらいのヒトも、いたにはいたけれど、…

バブルとダイエー

「バブル期」って、どんなだったんだろう.... 自分も、そう呼ばれた時代に“かすって”はいるが、まだ子供であったため、イマイチ実感が伴わない。それほどまでに「金」が世に溢れていたのか。 考えてみればあの時代に、今思うとどこにそんな金があったのか‥う…

ちょっと気になった雑誌のヒト volume.6 【菊池雄星】

「菊池雄星」って、好きなんだよねぇ..... この唯一無二感?オンリーワン具合!? 漢字までまったく同じ同姓同名さんは、おそらく日本にいらっしゃらないのではないか。同期の筒香嘉智なんかもそうだけれど。できれば僕も、こういうカッコイイ名前を頂戴した…

ちょっと気になった雑誌のヒト volume.5 【ヒカル】

ユーチューバーは、本当に稼げるのか..... 動画投稿だけで月に何百万と稼いでいる輩が、この世の中にはいるらしい。おそらく、あの鬱陶しい広告収入が主なのだろうけれど、ひとつひとつを見れば、それは微々たるもの。したがって塵も積もれば‥のごとく、彼ら…

ハゲの審判 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.3

今年、ある意味「政界の顔」だったといってもいい豊田真由子..... 『この、ハゲぇ~~』が流行語大賞に選ばれることは、さすがにないだろうが、世間を震撼させた?超ド級のインパクトは、まさに“大賞級”である。 あれから、しばらくナリを潜めていた彼女が、…