センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

映像

2017【プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男たち】のリアル

今更感アリアリだが、暮れの東山、戦力外通告を視た.... TBSとプロ野球は、わりと相性が良いようだ。つくる、携わる番組に大抵ハズレがない。とりわけ視聴者人気も高い同番組。「12球団合同トライアウト」が昨今、異常なまでに注目を集めるようになったの…

日記的なもの 映画【シークレット・ウインドウ】

大晦日、クソつまらない紅白は視ず、ほぼ「ガキ使」を視ていた。 しかしながら、なぜ【栄光の架橋】がトリだったのだ?これにするなら、せめて(翌年に東京五輪を控える)2019年だろう。相変わらず迷走中の紅白だ。 ガキ使もガキ使で、浜ちゃんのメイクが人…

日記的なもの 映画【エクソシスト】

僕が誘う、新春「名画」の旅もいよいよ佳境..... 今回は何にしようか、ちょっぴり迷ったけれど、本題へ行く前にまず【君の名は。】が3日夜、地上波初登場した。実は、ここから派生した(と思われる)アダルト系作品が、昨年あたりから数多く市場に出回ってい…

日記的なもの 映画【フローズン】

スキーやらスノボやらといった「ウインタースポーツ」の類を一切やらなくて‥というか出来なくて、“昔は”けっこう気にしていたものだ。 冬に、冬らしいことをやらないのは、何か『損した気分』とでもいうのだろうか‥。人生を“謳歌”していない気がした。また物…

日記的なもの 映画【ザ・ロード】

時おりこんな妄想をする..... 破滅的な戦争がおこり、たったひとり、この世で一番愛する人を失った者たちは、誰かを恨まずに生きていられるのだろうか。また「報復」といった精神などを生まずに、それを受け入れて、生きていくことなど、可能なのであろうか‥…

日記的なもの 映画【ロスト・バケーション】

数々の怪奇事件、事故‥‥筆者が知っているなかでも屈指の“おぞましさ”を誇っているのは【橋北中学校女子生徒集団溺死事件】である。 1955年7月、中河原海岸に夏季水泳訓練に来ていた女子生徒ばかり36人が、溺れ死んでしまう水難事故だ。比較的浅瀬でその訓練…

「のじまにあ」だった日々..... PART.3

「タッキー&翼」の曲は難儀‥‥ 総じてアップテンポな曲が多く、なかなか息が続かない。‥以前にもそんな話をしたことあったけれど、筆者にとってその筆頭が【SAMURAI】である。しかも同曲は「サムライ!」と連呼するところが何度もあり、ヘタな奴が唄うと、傍…

「のじまにあ」だった日々..... PART.2

◇ひとつ屋根の下 小雪が他の兄妹たちと血が繋がっていなかったことは、先に述べた。この「事実」が事態をややこしくし、小雪は達也に想いをよせ、逆に次男の雅也には想いを寄せられるといった“三角関係”が、ひとつ屋根の下で勃発する。さまざまなトラブルと…

本とテレビで「ガールトーク」をしよう

先日、行きつけの美容院に行ってきた。担当が急な出張で不在だったから、いつもアシスタント的な役割を務めている女の子に刈ってもらう。ここ最近は、ずっと男の美容師で、若い女子は新鮮。 ‥歳をとったせいか、さいわい、エロい気持ちになることは一切なか…

「のじまにあ」だった日々.....

『あのとき、あぁしてりゃ良かったな』なんて後悔が、誰しもひとつやふたつくらいあると思う。 僕にも数多くあるけれど、ひとつ、挙げるとすれば【金八先生】の生徒役オーディションに応募しなかったことか。筆者はちょうど「金八4」の連中世代にあたり、ド…

もし、俺が「あいのり」のメンバーだったら

今朝は、なんだか妙にリアルな夢をみた.... 【のど自慢】の放送中、歌唱後も、なかなかステージから離れず、ワルノリを繰り返す若者。これに司会の小田切千がブチギレた。そして観覧席にいた、彼らの仲間と思しき人たちも巻き込んだ大騒動に発展!‥というも…

「サポトヨ」CM女優、からの~ロンバケ♪

わずかながら内密にやっていたドラマ関連のリンクから訪れてくださっている方もいるそうで‥‥。 何もご挨拶ができませんでしたけど、私は生きてます。野球のこと、「世にも奇妙な物語」の感想とか、恋愛話‥は、ここでは封印しておりますが、相変わらず超複合…

【ピリ辛】 だからドラフト会議は面白い

今年もやるのか‥‥【ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう】? ドラフトの特集をやってくれるのはありがたいのだが、その「家族」にフォーカスしているところが鼻につく。あくまで家族間の問題である。それをなぜ視聴者まで巻き込むのか。 若作りに余念が…

【辛口】 斜め横からみた 「世にも奇妙な物語 2017秋の特別編」

お待たせしました と、一応いっておこう。 今秋放送の「世にも奇妙な物語」を視聴した。普通にあらすじや感想を述べても面白くないと思うので、恒例“斜め横からみた”僕のプロフェッショナルな見解を今回も述べてみたいと思う。 なので、未視聴の方は僕が何の…

2017秋の特別編放送直前sp 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.8

・隣室に住む住人の足音がうるさい(フローリングならスリッパ履けよ) ・新聞をとっていたときの集金人に道端で偶然会い、挨拶したらシカトされた(したくもなかったけど、一応こっちはしたんだゾ) ・図書館にて、人がいる前で堂々と屁をこくオヤジ(一体…

ちょっと気になった雑誌のヒト volume.11 【高橋一生】

読書に集中するため、恒例のマックへ夜な夜な足を運んだ。 客もまばらな店内。注文を済ませ、席について珈琲をすすっていると、なにやら店員たちのヒソヒソ声がこちらにまで届いてくる.... ♂『20代後半ってとこじゃね?』 ♀『いや、30はいってるっしょ!?』…

貸したカラダ返せよ~ 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.7

タイトルがちょっと嘉門達夫チックだ..... 昨年、日本映画界に旋風を巻き起こした【君の名は。】。朝目覚めたら、男子高校生が見知らぬ女の子になっていたという‥ファンタジーといえばいいのかなんなのか。結果的にいって「時空」を超えた男女入れ替わりであ…

最怖の刑罰&三上博史・愛(再) 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.6

雨の多い8月。ここにきて、また真夏のような暑さ。‥もうすぐ月見バーガーの販売も終わる頃の10月だというのに、外では蝉が鳴いている。まったくもって世にも奇妙な日本列島。 そういえば蝉の一生の素晴らしさを説いた作品も以前にあった【世にも奇妙な物語 2…

バブルと奇妙(笑) 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.4

決して心から望んでいたわけではなかったが、ここまで独身貴族(?)を貫いてきた筆者..... 別に結婚したいとも思わなかったし、何より僕は「ひとり」が好きだった。何度かチャンスというか、してもいいかな‥そう思えるくらいのヒトも、いたにはいたけれど、…

ハゲの審判 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.3

今年、ある意味「政界の顔」だったといってもいい豊田真由子..... 『この、ハゲぇ~~』が流行語大賞に選ばれることは、さすがにないだろうが、世間を震撼させた?超ド級のインパクトは、まさに“大賞級”である。 あれから、しばらくナリを潜めていた彼女が、…

和製ミザリー? 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.2

先の謝罪会見において、マスコミにも紳士的に応じ、さらに男を上げた感もある渡辺謙..... 「不倫」絡みで幾分好意的な目を向けられた男性タレントは、彼と六代目円楽師匠くらいではないか。‥しかしながら、とんだ“とばっちり”を受けたものである。まさかホテ…

ちょっと気になった雑誌のコ volume.4 【石原真理子】

ゴメン、むっちゃ気になった! 「センテンススプリング」にここまで書かせたオンナを、僕は..... 週刊文春 2017年 8/10 号 [雑誌]誌面より その美貌は衝撃的だった 衝撃的な美貌、どんだけみたいな。 万引きで逮捕されたと、一部で報道された女優。しかし、…

ナメック星でのベジータに‥‥

『戦争に汚ねぇもクソもあると思うか』 今聴くと、また別の意味でドキッとさせられるセリフを口にしたのは、ドラゴンボールに登場する孤高の戦士、ベジータである。筆者は彼が好きでたまらない。 最大のハイライトは、やはり、ナメック星での激闘の数々。孫…

「ドラゴンクエスト」で甦る記憶? 世にも奇妙な物語 最怖トラウマ回

ドラゴンクエストはやられていますか? 僕もちょびちょびやり始め、最近ようやくホムラの里にて、ベロニカとセーニャを仲間に加えたところ。これでだいぶ戦闘が楽になった(笑) 久々のドラクエだったので、不明な点も多く、この前も「どうの大剣」なる、序…

ジャニーズ事務所の 「守るチカラ」

◇稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がジャニーズを退所 中居正広も合わせた4人で‥と前々から云われていたが、けっきょく彼は残留の道を選んだようだ。 急転直下の決断の裏に、どんな思惑があったのだろう。『事務所に残って「独立組」を守る意図もあるのでは』と…

斜め横からみた 「世にも奇妙な物語 2017春の特別編」

半生を振り返ってみると、自分にこれといった「奇跡」など、施されなかった。まぁよくいえば、わりと平々凡々とした日々を送っている。 『何かいいコト起こらないかなぁ』 私の若いころの口癖。‥まったくもって他力本願。自ら、その何かをつかむ、つかもうと…

絶対押さえておきたい?「世にも奇妙な物語」神回ver.3

これもフィクションであったらと思う... ひとりの少年によって引き起こされた、2000年のバスジャック事件。シルエットをみるかぎり、本当に「少年」といった佇まいの“か弱い男”に、バスは実に半日以上も占拠された。 あの空間にいる数十名の大人たちを「支配…

絶対押さえておきたい?「世にも奇妙な物語」 神回

凋落著しいとされるフジテレビでも、毎回、心待ちにしている番組はある。 それが【ザ・ノンフィクション】と【世にも奇妙な物語】.... 前者は日曜午後に放送されるドキュメンタリー番組で、様々な人たちの生き様を追う。ヤラセも多分にありそうだが、対象者…

あ、LIFE ー愛しくない人へー

19日、ついに最終回を迎えた【A LIFE ー愛しき人へー】。 初回からの視聴率の推移をみると、13~15%の間をウロウロ‥。近年なら「まずまず」になるのだろうだけれど、主役はあの木村拓哉(44)である。SMAP解散直後という話題性も相まって、制作サイドは、も…

色んな、プライド?

◇小倉優子が離婚?! それにしても、昨今どうしてこうも浮気する輩が多いんだろう。まぁ表沙汰になっていなかっただけで、昔から不倫する男はたくさんいたんだろうけれど。既婚者の6、7割だかは浮気している‥‥そんなデータが、先日テレビでも紹介されていた…