センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

社会

【サッカーとブラに‥‥冷静と情熱のあいだ】エースの芸能日誌 《6月19日版》

18日朝、関西地区を襲った大きな地震....... 関東住みの筆者は事態をよく飲み込めずにいたが、当初想定してより被害は大きかった模様。いつもの「日常」に戻るまで、多少時間を要するかもしれない。被害にあわれた皆さまに、一介の庶民である私にはこうして…

【ぼくたちの不祥事?】エースのやきう日誌 《6月14日版》

紀州のドンファンの妻は、北海道出身‥だったそうで 近ごろは各媒体で顔のボカシも消え、大富豪を一目でメロメロにさせたという、その「全貌」が明らかになっている。偏差値45前後の高校に通い、休み時間もひとり漫画を読み続け、過去にはアダルトビデオにも…

【ぼくたちの失敗】エースの芸能日誌 《6月13日版》

森田童子が亡くなっていた...... 享年65歳。心不全だったらしい。‥先の西城氏といい、高齢化社会が進む今の日本にあって、60代はあまりに早すぎる。 「ベールに包まれた」というものに、人はわりと惹かれる。宇多田ヒカルのデビュー当初の売り出し方がそうだ…

【歴史的な一日に?】エースのやきう日誌 《6月12日版》

米朝首脳会談、はじまる....... まさか、こうした日が訪れるとは。とても個性が強いお二人‥。昨年、トランプ氏が大統領に就任してからというもの、世界中がただならぬ緊迫感に満ちあふれていた。 なのに、今年に入ってなにやら「融和ムード」な両国。‥逆にそ…

人物研究vol.2【横山めぐみ】ーのじまにあー

先週末のワイドショーや情報番組では「紀州のドン・ファン」を取り上げていたものが多かった...... 密室の殺人?自殺?謎が謎を呼ぶ、実録・上級ミステリー‥。注目度の高さが窺える。 あらたに判ったこととして、妻に月100万の“お手当”を出していたとか。‥尋…

【センテンススプリング!】エースの芸能日誌 《6月7日版》

紀州のドン・ファン、怪死....... 以前にもここで綴ったが、実に奇妙である。新たに知った情報によると、野崎氏に覚せい剤を打ったあとのような注射痕はなく、常習性はうかがえない。生前我が子のごとく溺愛していた愛犬の不審死が、逝去する2週間前ほどにあ…

【広島カープの謎】エースのやきう日誌 《6月6日版》

雨が嬉しかった....... 僕が通っていたような弱小校。もちろん室内練習場なぞ完備されていなかったので、教室内にて軽い筋トレのみで終わってしまう。キツい練習(特に走り込み)をしなくてよかったから、学生の頃の雨は歓迎だった。‥おそらく、これは僕だけ…

【愛の事件簿】エースのやきう日誌 《6月5日版》

紀州のドン・ファン? ‥コレ怖いなぁ。私も最近知ったのだが。 www.sponichi.co.jp 短い時間で色々と調べてみた。故人のことを悪く言うのはアンフェアだけれど、本を正せばやっぱおかしいよ、この夫妻。夫より55歳も年下の若妻‥‥。愛に年齢は関係ないとはい…

【親子ゲーム観戦記2】エースのやきう日誌 《5月31日版》

木村拓哉の次女がモデルデビュー。巷では今、その話題で持ちきりだ...... 父親は一度くらい『本当に俺の子がどうか』だなんて疑うこともあるそうだが、彼女の場合は“分かりやすい”。顔のパーツがパパにそっくりであるからだ。逆に母似らしい僕は『カレが実の…

【先が読めないオーナーの末路】エースのやきう日誌 《5月24日版》

イニエスタなる「超大物」がJリーグ・ヴィッセル神戸に入団し、たいへん注目を集めている...... 海外サッカーに明るくないのだが、それほどスーパーな選手だったとはおもいもよらなかった。。‥筆者のようにヘンな先入観を持たずに観ると、スーパーで奥様に…

世にも奇妙な話.2018 【アスリート?もの】

昨年暮れくらいから、大相撲絡みの記事を見かける機会がたいへんに多いのだけれども..... これについて、ちょっと“別件で”気になっていたコトがある。当該記事でよく名前を見かけたのが、横綱の白鵬。銀座あたりの、いわゆる「オネーちゃん」が横に付くよう…

【ある選手と中田翔の意外な共通点】エースのやきう日誌 《5月9日版》

やっぱ俺‥‥持ってるわぁ 清宮幸太郎のプロ初本塁打。‥について書いた日に、本当にホームランを打って“予言”どおり各紙一面よ。おまけに溢れんばかりの愛を綴った大田の泰ちゃんが、決勝3ランときた。 この場を提供してくれている「はてな」さんのコンセプト…

世にも奇妙な話.2018 【TOKIO・憑依もの1】

山口達也がジャニーズ契約解除、けっきょく....... www.daily.co.jp なんだか後味が悪い。本人が行った会見ではまだ「TOKIO」復帰の意志はあった模様だが‥。 このすぐ後に残り4人のメンバーの会見も行われた。リーダー城島や国分太一が訥々と山口氏への…

【イチローに望むこと】エースのやきう日誌 《5月4日版》

イチローが、現役引退!? いや、様々な情報が錯そうしていて私もよく解らないのだけれど、完全な引退ではなく、「復帰」の可能性も残しているのだとか‥。おそらく彼の性格からして、もうそのような“奇跡”は起こらないと思うが、どうなのだろう。それにして…

【OHTANIと清宮】エースのやきう日誌 《5月3日版》

大谷翔平君が日本でいう「月間MVP」のようなものを、さっそく受賞したらしい..... 彼についてはいつか触れようと思っていたけれど、それにしてもしかし‥本当にメジャーでも「二刀流」をやってしまうとは。 アマチュア時代からエースで4番を張っていた、プ…

【お気に入り?乱闘(笑)】エースのやきう日誌 《5月2日版》

世間ではGW真っただ中というのに、球界が少し、荒れている...... 先ずはオリックスの小谷野。ソフト・中田賢一からガツン。んでガチギレw この中継は観ていた。放送席では『普段はゼンゼンこういった選手ではない』そんな類の会話がなされていたが、はた…

世にも奇妙な話.2018 【家族もの2】

少し前に、いしだ壱成が入籍を発表した...... 「スピード婚」もいいところだったが、彼なりのケジメと見る。ネット上では様々な意見を飛び交っていた。もちろん祝福の声も多かったけれど、前夫人との離婚の経緯や、今回のお相手が“未成年”ということもあって…

【嗚呼、迷える野球小僧の詩】エースのやきう日誌 《4月29日版》

回復しつつあったのに..... 先の西武戦。メットライフDでの“醜態”を、しばらく引きずっていた。聴けば、終盤2イニングで8点差をひっくり返されたのは「史上初」というではないか。‥どうりで。 あの日、私は試合開始から悲劇的な結末を見届けていたのだが、約…

世にも奇妙な話.2018 【ワープもの】

ちょっと個人的にショッキングな出来事があり(プロ野球絡み)、しばらくふさぎ込んでブログ執筆からも離れていたのだが、この間にも、世間では実に様々な動きがあった。 やはり、なかでも「山口達也・ワイセツ報道」がダントツで気になる。キスされて、彼の…

世にも奇妙な話.2018 【小説家もの】

オフィス北野から独立するという北野武氏の一報を見かけたとき、当初“たけし流”のギャグなのかと思った。 ‥どうやら今はその問題も沈静化しつつあるようだが、その北野氏が先日、週刊文春(※1)に「小説」を寄せていた。エッセイの類は何度か目にしたことが…

File.3【謎すぎるオトコの正体】

時効の日を指折り数える浅野温子主演のサスペンス調のドラマに、一時期ハマっていた。 ‥以前の法律であれば殺人事件の時効が成立する15年まで、あと半年。事件発生から14年以上の年月を経て、廿日市事件の犯人が捕まった。まさに急転直下の逮捕劇の裏側には…

「のじまにあ」だった日々..... PART.5

3月31日の放送分をもって【めちゃイケ】終了...... ここ数年で立て続けに放送が打ち切られるフジの看板バラエティ番組。【笑っていいとも!】に始まり【ごきげんよう】【スマスマ】‥今年の【みなさんのおかげでした】そして【めちゃイケ】と続いた。 ‥番組の…

日記的なもの 『ユーチューバー』

稲村亜美が中学生に触られた?! ‥なんか状況よく飲み込めんのだけど、論点はまずそこではないだろ(笑)。あのよう分からんイベントの在り方でなくて? 個人的にも健全な野球少年のなかに、そんなドサクサに紛れて愚行をする子がいるとは思いたくない。スポ…

日記的なもの 『いつも心に天〇を』

折しもパラリンピック真っ最中...... 昨今、身体に障害を抱えた方たちの活躍が目覚しい。寝たきり社長に寝たきり芸人‥といった人も、僕は知っている。バイタリティー、気力さえあれば、人間に不可能なことはないのだと、彼らは教えてくれているようだ。 先の…

日本ハム・アラカルト 【タクヤorコータロー?】

清宮幸太郎サンが入団してから、羽生結弦に負けじと、様々な媒体でファイターズ球団を取り上げてもらえるようになった。おかげさまで。 やはり、高校最多本塁打の記録を持つ男の影響力は相当なもので、スポーツ紙以外のところでも、彼の顔はよく見かける。そ…

日記的なもの 『キツかった(秘)バイト』

関東地方はだいぶ暖かくなり始めてきたというのに、北海道は今、大雪なんだとか‥‥。こんな狭い日本に住んでいても各地の気候はいろいろ、人生いろいろ、バイトもいろいろ..... この時期、会社からの給与以外の所得がある筆者は「確定申告」に行く必要がある…

北朝鮮「美女軍団」に、まさかアノ人が‥‥

今朝【金正日氏と正恩氏 不正パスポートで日本入国?】そんなニュース記事があった..... 今更感が正直拭えない。‥けっこう前から、金正恩と妹の金与正(キム・ヨジュン)がまだ10代のときに、日本のディズニーランドに来ていたという情報も耳にしていたし。…

哀悼【世にも奇妙な物語】 大杉漣の特別編

数々の映画・ドラマに出演し「名バイプレーヤー」として活躍された大杉漣さんが死去.... www.nikkansports.com 筆者は一体、どれくらいの出演作を目にしてきたのだろう。数えることもできない。こと単発の【世にも奇妙な物語】においては、これまで10本以上…

「セクハラ社長」について問う

小室哲哉の一件以降、すっかり風当たりの強くなった感のある週刊文春..... んで、別に寝返ったわけではないが、無人島もしくは刑務所の独房‥。仮に一誌しか持ち込めないという規則があったら、おそらく筆者は「新潮」のほうを選ぶ。このサイト名も【ニュータ…

《改》浅野温子が「カオル」だった日々.....

昨年末、一般人男性との入籍を突如、公式サイトで発表し、バブル世代の諸兄姉を驚かせた浅野ゆう子。57歳、初婚.... 「W浅野」と称され、露出も多い浅野温子とくらべ、近年すっかりそのお姿を見かけないような気もしていたのだが、調べたら2010年代以降も、…