センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

社会

【カネにまつわる悪い話《三本立て》】エースの社会科日誌 《2020年6月22日版》

アベノマスクがようやく届いた―― 俺は、私はいらないからということで「寄付」する人が全国に多数。 寄付と言えば聴こえはいいが、ほとんどの人は「廃棄」したかったのだと思う。筆者なんか典型的な旧式人間で、大顔な方だから、あのマスクではフィットしな…

【「すっとこどっこい」効く選手or効かない選手?】酔っ払い親父のやきう日誌 《2020年6月17日版》

明後日、19日より三か月遅れでプロ野球が開幕する―― まったく実感が湧かない。たぶん、みんなも一緒なんじゃないかな。ワクワクよりも、なんか「ソワソワ」してる。本当に、このまま開幕を迎えて大丈夫なのかと‥‥。私も、そこそこ長く生きているが、こんなシ…

【「三本立て」やるせないニュース‥】エースの芸能日誌 《2020年6月01日版》

片山杜秀氏の新潮コラムに『(令和は)恐るべき言霊が付いているのか。超法規的に改元したらでどうでしょう?』だなんて、冗談とも本気ともつかぬ文言‥‥。私もこれには「賛成」だ。 確かに、あれからロクなことがない、気もする。昨秋、立て続けに巨大台風が…

【めちゃめちゃイケてる男、そうでない男】エースの芸能日誌 《2020年5月25日版》

きまってニュース番組におけるキャスターの第一声『新型コロナウイルス‥‥』これが終わる日も、近づいてきたのだろうか。 平時からマスクの着用が多く、「お家」時間も長い筆者とて、自粛続きで「しんどい」4カ月間に変わりはなかった。それまでの鬱憤を晴ら…

【キャラ変?「ダルビッシュ有」しばり】酔っ払い親父のやきう日誌 《2020年5月24日版》

ここのところ【ダルビッシュ】の名をよく目にする....... なかでも突発的に発生した日本球界復帰に関する「ネタ」は驚いた。情報を辿っていくと、どうやらMLBの体制に不満を抱き『遠くないうちに帰ってくるのではないか?』という、いささか現実性に乏しいも…

【コロナ禍「緊急事態宣言」が明けない「鬱々日記」】エースの社会科日誌 《2020年5月17日版》

筆者が住んでいる地域では「緊急事態宣言」がまだ解除されていない。いずれそう遠くないうちに解除されるのだろうが、特段事業者でもない自分が、より気にかけているのは人々のココロの方である。 マスクをしていない人に対しては、まず近寄らない。一般社会…

【決定的!「今年の漢字」&超人気番組事件簿】エースの芸能日誌 《2020年5月08日版》

公表では、東京も感染者数の人数が、日に日に減少傾向にはあるようだ。 このまま終息に向かっていけば良いが、今後、数年間は今までのような「平穏」の生活は取り戻せない気がする。それくらいコロナは私たちの心に深いトラウマを刻み込んだ。 それを踏まえ…

【今だからこそ「世にも奇妙な物語」 哀悼特別編】エースのドラマ日誌 《2020年5月06日版》

本当に、今春から始まる予定だった連続ドラマはどう対応するのだろう...... 先月からの緊急事態宣言によって、多くが撮影すら満足に行えていないと聴く。収束し次第、再開するのか‥‥それともいっそ「ワンクール」ずらして新たに仕切り直すのか‥‥まったく不透…

【「回顧企画」ズバリ!理想のエースとは ※閲覧注意】酔っ払い親父のやきう日誌 《2020年5月02日版》

さすがは我らの片岡篤史‥‥この男がコロナに敗けるわけがない。 祝退院。さっそくYouTubeチャンネルを覗いてみると、満足に食事すらできない日もあったらしく、またアビガンの集中投薬のせいか、幾分痩せては見えたけれども、以前とあまり変わりなかった。一…

【「栗山日本ハム」8年前に優勝を果たせたふたつの要因】エースのやきう日誌 《2020年4月25日版》

「外出自粛要請」では堅苦しいからなのか、今度は「Stayhome」だって? 本当に横文字が好きだよねぇ、この国のお上の方々‥。B'zとかミスチルの歌じゃないんだから勘弁してよ。 まぁ病気には罹りたくないから、いちおう筆者も終日Stayhome。判を押したように…

【下柳剛「超傑作トレード」&まさかの事態に絶句‥‥】エースのやきう日誌 《2020年4月15日版》

片岡篤史が自身のYouTubeチャンネルで、下柳剛と対談していた―― ちょうど日ハムで同じ釜の飯を食っていた頃を回顧していた動画で、興味深く拝見。新たに分かったことも多かったのだが、まずトレード秘話。1995年、ダイエーホークスとの間で交わされた、トレ…

【誰も触れない「コロナ禍」のプロ野球】エースのやきう日誌 《2020年4月14日版》

最悪、シーズン中止もあり得る...... との見解を示す記事を見かけた。たしかに5月中旬以降、開幕を「無事に」迎えられたとして、一体どれくらいの試合数をシーズン中にこなせるのだろうか。‥‥中途半端な形式かつ客を入れないで行われるのなら、いっそ中止も…

【酒を呑みながら観たい?「世にも奇妙な物語」超5選※トリビア付き】エースのドラマ日誌 《2020年4月08日版》

外出自粛要請がある今こそ、「インドア派」の実力が試されるとき―― いいんじゃない?外に出るなって言うのだし、当該地域にお住いの皆さまは、心ゆくまで寝て、昼間から(自宅で)酒を呑む‥‥なんてのも。こんなこと滅多に起こらないのだから、まっさらな「自…

【自宅待機の今こそ見たい「世にも奇妙な物語」超5選※トリビア付き】エースのドラマ日誌 《2020年4月07日版》

ふだん在宅の多い私でさえ、これだけ「外出自粛」を要請される日が続くと気が滅入りそうになる。そのような事象を今、ちまたでは「コロナ鬱」などと呼ぶそうだ。この世界中を覆う闇は、一体いつになれば明けるのだろうか。 仕方なく自宅でテレビ、DVD、ネッ…

【週間《スーパー》バラエティ番組観察日記】エースの芸能日誌 《2020年4月06日版》

月曜日【世界まる見え!テレビ特捜部】 30周年を迎え、スペシャルゲストに明石家さんま。3時間スペシャル。 なに?ビートたけしからの「感謝状」って、あれ新たな芸風なの? 色んな出演者方に送っていたけれども。なぜか「年1」の、さんまにまで(笑) でも…

【混迷を極める?北海道日本ハム「次期監督」問題他】エースのやきう日誌 《2020年4月03日版》

24日開幕を目指していたプロ野球‥‥。選手からウイルスの感染者も出ており、ここにきてさらなる「再延期」の可能性も高まってきた―― これからコロナに関する「野球」がらみの文章をダーっと一気に綴っていく。ご了承のほど。 まず、藤浪晋太郎投手について。…

【心の整理もつかぬまま‥‥構成バラバラ志村けん氏語り】エースの社会科日誌 《2020年4月02日版》

あっかんねん、ほんまに........ ダメ、志村けん氏逝去から、いまだに立ち直れない。1日放送の追悼特番も、エイプリルフールに乗じてひょっこり姿を現してくれるのではないかと。‥‥んなこと絶対あるわけないのだけれど、でもそれくらい、受け入れることので…

【哀悼「日本ハム/ドリフスターズ」再録‥‥】エースのやきう日誌 《2020年3月30日版》

我ら『コロナファイターズ!』神奈川県の黒岩祐治知事が、そう高らかに宣っていたらしい―― news.livedoor.com それじゃあたかも、コロナ側ですやん! と、29日放送分の【ワイドナショー】で松本人志が的確なツッコミを入れていた。私は、あることがずっと心…

【タイムリーだった 西牟田靖「極限メシ!」感想】エースの社会科日誌 《2020年3月27日版》

前夜、食品も取り扱っている近場のドラッグストアに行ってきたのだが、会計待ちに長蛇の列。 おそらく『不要不急の外出を控える』を受けてのものだろう。スーパーなどにかんしては商品の流通に問題は生じず、週末も変わりなく営業するところが多いと訊く。焦…

【東京五輪「稲葉ジャパン」理想の形とは】エースのやきう日誌 《2020年3月25日版》

何回見ても泣けてきてしまう―― 巨人のイスラエル・モタが支配下契約を勝ち取って臨んだ会見の、動画? だいぶ時間差はあるが。とりわけ両親から届けられたビデオメッセージは、野球がらみでは、過去いちばん泣けたかもしれない。 他人事なのに、読売Gのファ…

【どうなる?2020年のプロ野球】エースのやきう日誌 《2020年3月20日版》

当初の日程でいけば、本日から開幕する予定だったプロ野球。新型コロナウイルスの影響により、4月10日の開幕を目指していたというが、さらに延期になる可能性も浮上してきた―― news.livedoor.com 後出しジャンケンのような形になってしまうが、たしかに他の…

【クセになる音楽?ストレスをやっつける漫画?マスク!?】エースの芸能日誌 《2020年3月14日版》

「ウイルスばらまき男」。とんねるず【仮面ノリダー】の中の敵にいそうだが、そんなのが現実世界にいたらしい。スクープ元である文春の動画をみると、フィリピン系パブが事件の舞台。陽性反応があった男にされるがままの女性店員‥。 商売柄、なかなかマスク…

【警備員のリアル「最底辺」表現に納得?】エースの社会科日誌 《2020年3月10日版》

大相撲が史上初の「無観客」、春のセンバツ高校野球もそうなる可能性が高い模様....... なんとなくスポーツの印象が根強かったのだけれど、8日に開催された【R-1ぐらんぷり】でも、これが適用。「無観客」のなかでネタを披露することとなった芸人たち。代わ…

【北海道日本ハム「戦力チェック」前篇&野球吉オジサンから全国の少年少女たちへ】エースのやきう日誌 《2020年3月05日版》

不本意な形ながら、大部分の学生が休校を余儀なくされたという....... この場に及んで言うのもナンだが、彼らみたいな若い衆にも読んでもらいたいと、かねがね思っていた。一見、中年層(オッサン)向けばかりの記事を綴っているように見えるかもしれないけ…

【もうすぐ春ですね「昭和」に戻ってみませんか】エースの社会科日誌 《2020年3月04日版》

中江滋樹氏は、昭和「事件史」のような書物に必ずといっていいほど登場していた人物で、その名は知っていた。氏が先月、都内の自宅で焼死体となって発見されたという....... news.nifty.com 家賃5万円弱のアパートに住み、生活保護を受給。おまけに出火の原…

【12球団いち「仏」のチームがまだ「鬼」だった頃】エースのやきう日誌 《2020年2月28日版》

元巨人の投手「宮本」が逮捕された模様....... www.daily.co.jp もし、有名な方の巨人「宮本」だったら、この程度の騒ぎでは済まなかった。危ない。 現役中の宮本武文投手についてはよく分からない。ただ先日、笠原将生のYouTubeチャンネルに彼が出演してい…

【DreamPark 野球場へゆかない?人&「松本剛」的新提案】エースのやきう日誌 《2020年2月27日版》

ぶっちゃけ、テレビ(ネット)観戦の方が愉しい―― これ、あまり公の場所では口にしないのだが、今明かした。 だってほら、ほぼ100%の人は「生観戦」を推奨するじゃない? 生(ライブ)の迫力は、やっぱり違うよ~みたいな。そこで『いや、俺はテレビの方が…

【売れる「YouTuber」の心得&中居正広「超リアルすぎるドッキリ」】エースの芸能日誌 《2020年2月26日版》

宮迫博之のYouTubeチャンネル【宮迫ですッ!】が回を追うごとにつまらなくなっている件........ ネット先駆者と対談するぐらいまでは、そこそこ愉しめたけれど、その後のピン企画の“くだらなさ”加減が目にあまる。いま食っていくのに困らないであろう彼なら…

【これぞ本当の神回?厳選「ザ・ノンフィクション」】エースの芸能日誌 《2020年2月24日版》

家族って、えぇねんなぁ....... おもわず関西弁が飛び出してしまったのだが、23日放送分フジ系【ザ・ノンフィクション】を観て、そんなコトを思った。2週にわたって夫婦漫才コンビ「宮川大助・花子」を取り上げ、初回は夫妻の軌跡と闘病中である花子氏の、復…

【全てが僕(私)の力になる?究極!超ポジティブシンキング法 ※閲覧注意】エースの社会科日誌 《2020年2月20日版》

19日放送分【報道ステーション】にて、水泳の池江璃花子が出演。松岡修造との対談の中で彼女の口から語られたものとは―― www.nikkansports.com 『死んだほうがまし』大病を患った彼女からのこの言葉が、実に生々しかった。抗がん剤治療の過酷さを体験してい…