センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

社会

【「ガチ速」吉田輝星プロ4戦目 !&斎藤佑樹を観ながら感じたコト】 エースのやきう日誌 《2019年4月13日版》

前回登板とは打って変わり、穏やかな日差しが射しこむ二軍本拠地・鎌スタで吉田輝星が二度目の先発に臨んだ。一軍昇格に向けて試金石となりそうだった試合のポイントは二つ。清水優心との初バッテリー。そして、一軍経験者がズラリ並べられたマリーンズ打線…

【さわるな危険?「不快指数」MAX作品】エースの映画日誌ミニ 《2019年4月5日版》

明日、もし自分が死ぬと分かっていたら、体験したいことがある。しかし、それはおそらく、生涯叶えられることはないだろう。その行為が法に触れてしまうのだ。 だから、明日死んでしまうのであれば‥‥。もうこれ以上、自分には害が及ばないと分かっていたので…

【開幕直前!2019.大注目Fs選手&東北の星ふたたび?】エースのやきう日誌 《2019年3月29日版》

星稜高の奥川恭伸は、昨年の吉田輝星より『頭ひとつ半上』....... そんな関係者の談話を載せた記事を見かける。注目された春の選抜では28日、習志野高校の前に敗退してしまったが、完投で二桁奪三振。‥‥なるほど前評判どおりの好投手だった。 ※元日本ハムス…

【それぞれの「イチロー」& We Are the Champions】エースのやきう日誌 《2019年3月22日版》

もはや称賛の声しか聴かれない、映画【ボヘミアン・ラプソディ】。 そこでQueenの楽曲を初めて知ったという方も、けっこう多いのだそう。私は‥‥というか私たちファイターズファンは、稲葉篤紀氏が以前、Queenを登場曲にしていたのもあって、比較的…

【最強の「相棒」は娘?ニコラス・ケイジの超傑作】エースの映画日誌ミニ 《2019年3月14日版》

詐欺グループの実行犯が逮捕されたらしい―― それを筆者は前夜の「報道ステーション」トップニュースで知ったのであるが、直前まで放映されていた刑事ドラマ【相棒17】が、ちょうど大規模な詐欺グループと対峙していたというのも皮肉な話だ。 現実と大きく異…

【「第三のヨウスケ」時代到来?洞口依子にドキッ!】エースの芸能日誌 《2019年3月12日版》

十代の頃、よく観ていた野島伸司脚本ドラマ。これに度々出演していた「三大ヨウスケ」を、あなたはご存知だろうか。 『そこに愛はあるのかい?』のセリフで一世を風靡し、最近は【愛という名のもとに】バージョンを山本高広にパロられている、江口洋介―― 非…

【STOP!暴走老人】エースの映画日誌ミニ 《2019年3月6日版》

近未来の日本が怖い。 全国各地にいるとされる「暴走老人」がこれ以上、増殖していくのかと思うと、巨大地震と同等の恐怖感をいだいてしまう。‥どうして今日の老人方はいつも不機嫌で、こうもキレやすいのか。 日本で最初に「暴走老人!」と言った(広めた)…

【事実の向こう側にあった、真実の行方―】エースの映画日誌ミニ 《2019年3月4日版》

平成時代にいた凶悪犯‥‥たとえば元死刑囚のM、Tあたりも逮捕当初は精神病を装っていたという。昨年執行されたあの教祖も、一部の間でそういった憶測がなされていた。減刑を狙った、おそらく弁護士の意見に基づく“法廷戦略”の一環なのだろう。むろん、対峙…

【異端‥なのか?ある日ハムファンの憂うつ】エースのやきう日誌 《2019年2月25日版》

19年ぶりにファイターズと、東京ドームで!? と思ったら、イチローのいるマリナーズとは試合(オープン戦)組まれていないのか‥‥。3月17日(日)が19時からで、同18日(月)がお昼の12時から。ともにアスレチックス戦。本拠の読売優先とはいえ、ずいぶんタ…

【完璧美女降臨?なんでもいいから貴女を一目‥‥】エースの映画日誌ミニ 《2019年2月20日版》

ここのところ、子供への虐待報道を目にする....... それを「躾」と表する、一部の親たち。たしかに、私たちが子供の頃は親や教師に平気でぶたれたりしていた。‥‥という、老人特有の昔話は、この際控えておこう。 いささか哀しく感じるのは、“当事者”となって…

【「お前はもう死んでい‥‥なかったのかーい」観客総ずっこけ結末?】エースの映画日誌ミニ 《2019年2月19日版》

今年は埼玉イヤーなのか! だなんて、正月に冗談めかして書いたつもりが、あながち冗談にもならなそうである。今月下旬に公開される【翔んで埼玉】。漫画の存在は知っていた。県内の書店なら、大抵取り揃えてあるから。映画化すると聴いて、どうせ入間とか秩…

【「池江選手」報道について&超ヒール助っ人】エースのやきう日誌 《2019年2月16日版》

『一人の生命は地球より重い』 そう殊勝に述べていた、かつての総理大臣。それに引きかえ、まがりなりにも要職に就いている下の男は、この場に及んで、何を言い出すのだろう。“五輪人気”なんかどうでも良いではないか。彼女が無事でいてくれたら、それだけで…

【俺が睨む、栗山英樹プレゼンツ超究極「ビッグプラン」】エースのやきう日誌 《2019年2月15日版》

北海道日本ハムファイターズの開幕投手が上沢直之(25)投手に内定...... そら、そうなるわな。昨年の実績、それと開幕の相手、対オリックスバファローズ戦の相性‥‥。以前から、上沢がバファローズに強い印象があって、調べてみたらビンゴ。昨シーズンは敗け…

【B級プロ野球ニュース&群馬発「甲子園の星」】エースのやきう日誌 《2019年2月12日版》

私、羽無野瑛須はかねてからお付き合いさせていただきました、女優の山田花子さんと........ って、ごめん。ちょっと一回やってみたかっただけw ブログには、こういった使い方もあるんだよなぁ。ダルビッシュなんか、お立ち台の上でコレをしたからね。かっ…

【長嶋一茂について想う&「天才打者」来たる】エースのやきう日誌 《2019年2月9日版》

バラエティーにコメンテーター、CMでは人気女優と共演‥‥。テレビで見かけない日の方が少ない売れっ子カズシゲ。平成10年生まれの広瀬すずが知るわけもない、元プロ野球選手という事実‥‥。長嶋一茂(53)氏のことである。 お父さんとちがい、野球の方はパッ…

【Fsキャンプ日記&「北海道移転前の英断」】エースのやきう日誌 《2019年2月7日版》

日曜朝、愉しそう‥とのお言葉に『冗談じゃない!』と言わんばかり憤慨していた張本勲...... セキグチさん、ごもっとも。はたから観ていると、実に野球の「キャンプ」とは愉しそうである。‥たしかに練習はキツいのかもしれないが、好きな野球を一年やるための…

【僕らがオジサンになっても】エースの芸能日誌 《2019年2月3日版》

森高千里がツアーで全国を巡っているのだとか....... しくじった。家の近くにも来ていたらしい。是非この目でミニスカ姿を拝んでみたかった。 なんか嫌だなぁ、“お母さん”に対してこんなコト言っている自分が(笑)。しかし、原田知世に石田ゆり子‥‥。近年の…

【「ジャイアンツとのちがい」と「名将のオフレコ】エースのやきう日誌 《2019年1月29日版》

まもなく球春到来....... リーグ4連覇を狙うカープは丸佳浩が流出、からの長野久義の加入。今オフ大型補強を敢行したジャイアンツ。久々セ・リーグに入った大物新人・根尾昂と今季からエースナンバーを背負う松坂大輔擁するドラゴンズ。ノムさん以来の捕手監…

【「紅白」好きの、黒い文春】エースの芸能日誌 《2019年1月18日版》

6日、TBS系【アッコにおまかせ】にVTR出演していた週刊文春編集局長・新谷学氏。何やら得意げな態度が印象的だった。彼らはネタをつかんでいる‥‥。さんざん含みを持たせて、さぁ新年一発目の「文春砲」に何を持ってくる? そこで私たちが目にしたものは―― ww…

【フリーザさまと宇宙のお話】エースの映画日誌ミニ 《2019年1月17日版》

どこかのシャチョさんが「月旅行」を画策し、とある飲料メーカーのCMでは近未来の「月面基地」の様子が描かれている。古来より、人々を惹きつけてやまなかった星‥‥それが月である。 しかし、だ。アレは美女と一緒で、遠くから眺めているから綺麗なのであって…

【「誰かのために」はSNSに必要か】エースの芸能日誌 《2019年1月15日版》

♪わたしマーエザワユーサクです 億万長者のマエザワです フォローリツイートしてくれたら、100万円あげちゃいます このたび、RTの記録も塗り替えました~ って言うじゃ~ない........ 残念!! だってそれあなた‥‥ 応募券目当てにCD買わせる手口と変わん…

【俺はFujiTVの視聴率王になる!】エースの芸能日誌 《2019年1月12日版》

ドラマもダメ、バラエティもダメ。送り出す全てがダメ‥。 やることなすこと空回り気味のお台場の主。各方面で相変わらず“叩かれまくり”のフジテレビは、嗚呼2019年もダメダメなのか…… www.dailyshincho.jp だが意外にも、今年に入って筆者はフジの「滞在」時…

【斜め横から見た、紅白歌合戦2018】エースの芸能日誌 《元日版》

【ロマンスの神様】って、今どこかでかかってる?? 最近このワードで訪れてくださる方‥‥多いなぁ。調子が良いときはミュージック絡みの記事も以前からちょくちょく書いていたのだけど、やってみるもんだ。それで、あの曲にこういった歌詞あるでしょう? 絶…

【冷めた目で見た、ハズキルーペCM】エースの芸能日誌 《12月24日版》

自分が小学生だった頃にジャンプで連載していた【ボンボン坂高校演劇部】....... アレを読んで、将来「演劇部」も有りかも‥と、なんとなくな関心をいだいてしまった単純な私。ところが進んだ先が男子校だった。演劇部なんて小洒落た部活はなかったし、仮にあ…

【日本でも「大王」は安泰? 考え得るそのワケは】エースのやきう日誌 《12月21日版》

1999年7か月、空から恐怖の大王が来るだろう....... とは、かの有名な「ノストラダムスの大予言」の中の一節。 あらためて、胡散臭い(笑)。長年疑問でいたのは、そもそもなぜ“1999年”だったのだろうと。たしかに一見“いかにも”そうではあるのだが。‥いま振…

【「実録」口は禍のもと?】エースの芸能日誌 《12月20日版》

恒例の漢字一字、2018年版は「災」に決まったのだとか....... たしかに、今年は各地で大規模な自然災害に見舞われた。それでこの字に白羽の矢が立ったのだろう。しかし、筆者はまた別の側面から「災」がシックリときた。とりわけ今年の終盤には『口は災いの…

【本当はもっとおそろしい不倫】エースの芸能日誌 《12月15日版》

伊集院光、マジで....... はっ?? たまたま観ていた14日放送分【しくじり先生 俺みたいになるな‼SP】にてのこと。ゲストで出演していた南海キャンディーズ・山里亮太に対して伊集院のある発言が超「上から目線」ぽくて、本気でムカついた。よくは知らないが…

【「シーズン回顧」vol.5 高梨裕稔&太田賢吾】エースのやきう日誌 《12月11日版》

ファイターズの今年の敗因....... 野手陣なら勝負所で大田泰示なりレアードなり、主力に故障者を出してしまった点が痛かった。投手陣‥‥ここで生じた誤算が、実、いちばん大きかったと思う。ポイントはふたつ。 第一に、抑え投手を固定できなかったこと。 今…

【「日本ハム」金子千尋&ガルシアW獲りへの秘策】エースのやきう日誌 《12月1日版》

先日、ニック・マルティネス退団ならダメージは計り知れないというエントリを書いたが、この両投手‥‥いや、どちらかでもファイターズに加わってもらえたら、多少は軽減できる。久々ビッグネーム投手獲得へ!? その可能性を探る....... www.sponichi.co.jp …

【「新相棒」候補に挙がる、意外なタレント名】エースの芸能日誌 《11月29日版》

及川ミッチーが、離婚?? www.asagei.com 別に当方、芸能人の「離婚」ネタを好んでチョイスしているわけではなく‥‥ただちょっと上の記事、失礼すぎるんでないかい?と。「震災婚」だなんのって、すべて推測でモノを言って。いやいや、そこはちゃんと「愛」…