センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

社会

【本当はもっとおそろしい不倫】エースの芸能日誌 《12月15日版》

伊集院光、マジで....... はっ?? たまたま観ていた14日放送分【しくじり先生 俺みたいになるな‼SP】にてのこと。ゲストで出演していた南海キャンディーズ・山里亮太に対して伊集院のある発言が超「上から目線」ぽくて、本気でムカついた。よくは知らないが…

【「シーズン回顧」vol.5 高梨裕稔&太田賢吾】エースのやきう日誌 《12月11日版》

ファイターズの今年の敗因....... 野手陣なら勝負所で大田泰示なりレアードなり、主力に故障者を出してしまった点が痛かった。投手陣‥‥ここで生じた誤算が、実、いちばん大きかったと思う。ポイントはふたつ。 第一に、抑え投手を固定できなかったこと。 今…

【「日本ハム」金子千尋&ガルシアW獲りへの秘策】エースのやきう日誌 《12月1日版》

先日、ニック・マルティネス退団ならダメージは計り知れないというエントリを書いたが、この両投手‥‥いや、どちらかでもファイターズに加わってもらえたら、多少は軽減できる。久々ビッグネーム投手獲得へ!? その可能性を探る....... www.sponichi.co.jp …

【「新相棒」候補に挙がる、意外なタレント名】エースの芸能日誌 《11月29日版》

及川ミッチーが、離婚?? www.asagei.com 別に当方、芸能人の「離婚」ネタを好んでチョイスしているわけではなく‥‥ただちょっと上の記事、失礼すぎるんでないかい?と。「震災婚」だなんのって、すべて推測でモノを言って。いやいや、そこはちゃんと「愛」…

【それぞれの 「SAY YES」】エースの芸能日誌 《11月28日版》

現在、全国公演真っただ中の、ASKA....... 私から言わせれば‥‥「奇跡」の復活。例の事件もそうだったけど、何度か個人ブログに妙なコトを綴っていたりしたのを見かけた日にゃあ『もうこの人、ダメかもしれない‥』半ば、そんなふうに諦めてもいただけに。よく…

【悪霊のいる家】エースの芸能日誌 《11月27日版》

花田光司氏と景子夫人が離婚‥‥? www.nikkansports.com 昨年暮れの弟子の暴行被害から始まり、相撲協会を退職、政界進出騒動があったかと思えば、普段は滅多に出演しないバラエティ番組にも顔を覗かせ‥‥そして一年の締めくくりに、また我々が予想だにしない…

【おれにまかせろ⇒かぞくをだいじに】エースの芸能日誌 《11月14日版》

昨年発売の【ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて】の進捗状況を、時おりこのブログ内でも綴っていたが、すっかり頓挫してしまった....... クリア自体はだいぶ前にしていて、内容は、結構うろ覚え。‥ただ、そうなったのは筆者の記憶力の低下以外にもう…

【バラエティ番組に「ガチ」は必要なのか】エースの芸能日誌 《11月11日版》

日曜夜、久々に【世界の果てまでイッテQ!】を観た....... “例の報道”を受けてではないが、この番組‥確かに、結構なグレーな感じではある。「ナスカの地上絵」もどきに臨む、珍しく?手越画伯のロケから始まった放送。オチつきの編集で巧みにお茶を濁してい…

【「合同トライアウト2018」獲得するなら、この選手】エースのやきう日誌 《11月10日版》

今年の甲子園を沸かせた「アレ」について、ちょっと待ったぁ!! www.sanspo.com いやいや、別にいいじゃないの。所詮見られてナンボのプロ野球なんだから。近ごろは相手への配慮からなのかガッツポーズすらする選手も減ったけれど、ゼンゼンやったっていい…

世にも奇妙な話.2018 【バスの中で映っていた○○】放送直前SP3

今は車の内にも外にも、カメラを搭載できるんだってね....... 本当に今更なのだが、やはり、あった方がいいらしい。特に事件・事故に巻き込まれた際に、その力を発揮するという。考えてみれば昨年だったか‥高速道路で車を強引に停車させられた夫婦が後続の車…

【吉田輝星「デビュー予想日」と「新球場」について】エースのやきう日誌 《11月7日版》

なんだろう、この「ドラフト勝ち組」感?? うちは確かに一発目で根尾くんを外した。ちょっと“残念な”ドラフトになってもおかしくないのに、さすが日ハム!よっドラフト巧者!!‥‥だなんて、ずいぶんと各メディアから持ち上げられている。 すべて吉田輝星さ…

世にも奇妙な話.2018 【オクオクタイム】 放送直前SP

最近、億単位の金額ばかりを目にする....... って、別に“現ナマ”ではないんだけれど。億の額面を、個人的にね。 これは何かのお告げなのかもしれん。いわゆる「前兆」というやつだ。僕はそれに抗うことなく生きてきて、幾多の幸運を手にしてきた。今年の年末…

【ドラフト話vol.1「ようこそ北の大地へ」吉田輝星投手】エースのやきう日誌 《10月26日版》

CSファーストステージ第2戦以来の“はしご”スポーツニュース‥‥。さらに今朝の大手スポーツ新聞各紙、関連したSNSに目を通し、より確かな情報を得た【リポDドラフト会議2018】の、ごくごく個人的な感想、その他諸々を述べていきたい....... 日刊スポーツ…

【時の過ぎゆくままに‥‥】エースの芸能日誌 《10月18日版》

やはり、“どんな子でも”親はかわいいものなのかねぇ...... こればかりはなったことがないから分からない。‥ただ、凝りもせず捕まって、凝りもせず莫大な保釈保証金を工面してあげる、あの芸能一家の親をみていると、しみじみと思う。まぁ確かに、出来が悪い…

【決して触れてはならないコト?モノ?】エースの芸能日誌 《10月17日版》

今井絵理子はかわいいのか?そうでないのか? 彼女がSPEED時代だった頃、性欲に満ちた男たちで真剣に議論したことがある。今井嬢ほど男の好みがクッキリハッキリ分かれた女性も珍しいのではないか。上原多香子は大方「キレイ」「美人」で賛同され、新垣…

【矢野謙次「引退試合」完全シミュレート?】エースのやきう日誌 《10月9日版》

村田修一の引退は残念すぎる...... まだまだできるだろう‥‥。なしてあれほどの選手が“NPB”で現役を終えられなかったのか?を考えていたとき、ふと佐々岡真司投手の「引退試合」を思い出しまして。 ‥‥打っちゃったでしょう? 村田さま。地元広島での最終戦…

【ダブルプレーを喜んだ夜‥】エースのやきう日誌 《10月5日版》

マスメディアにいる多くの連中って「さん」付けだったり、「○○選手」そう呼ぶやんか...... まぁ当該選手を不快にさせたくはないし、視聴者の目線に立ったらこれが当然なんだけれど、それゆえに3日、札幌ドームに来場してくれた明石家さんま氏が『あきやまー…

世にも奇妙な話.2018 【逃げ切れない犯罪者?】

次々と明るみになる、樋田淳也容疑者の逃走経路や逃亡生活...... 一連の報道をみて驚いた視聴者も多かったのではないか。逮捕時の顔をよくみると、たしかに樋田容疑者なのだが、突然出くわしたとして“パッと見”は、彼だとはなかなか判らないかもしれない。普…

【惜しまれつつ芸能界から退く人と、そうでない人】エースの芸能日誌 《9月17日版》

◇安室ちゃんForever ドラマ【バージンロード】でのワンシーン。その前後の繋がりを失念してしまったのは恐縮だが、どこかの人通りの多い交差点。信号待ちをしている和久井映見。横断歩道の向こう側にいた反町隆史を偶然発見する。彼もこちらに気付いた。信号…

世にも奇妙な話.2018 【恋人がほしい、あなたへ】

【東京ラブストーリー】が14年ぶりに再放送?? なんでも来月スタートする新ドラマの“番宣”の役割も兼ねているらしい。放送当時、月曜夜にOLの姿を街では一切見かけなくなったという、いわば「月9伝説」の始まりは本作品から‥といっても過言ではない。 我…

【滝沢秀明の「出世」は必然だった?ある貴重な文献】エースの芸能日誌 《9月13日版》

ドラマ【高嶺の花】が12日の放送をもって無事?フィニッシュ...... ったく、野島伸司にはしてやられた。 途中フラっと現れたメガネの香里奈。そしてプーさんとの不自然な出会い(in図書館)‥。いくら創作でもそりゃーないっすよ野島はん! と、以前このド…

【ともに、闘う】エースのやきう日誌 《9月8日版》

「やきう」が好きな人同士で行く野球観戦ならいいけど、それ以外なら、テレビの前に尽きます....... インドア人間の極み‥ではなくて、リアルに最近“テレビ前”観戦がますます愉しくなってきた。特に筆者のようなアラフォーに近い世代なら、皆さんそうお感じに…

【「ちびまる子ちゃん」で泣いた話】エースの芸能日誌 《8月28日版》

平成最後の終戦記念日‥‥平成最後の夏の甲子園‥‥ 今、何かと付きまとうこの「平成最後」の文字....... ここからよほどドラマチックなコトが起きないかぎり、私は平成最後の年末を、単身で過ごすことになりそうです(笑)。おもえば平成が始まったころは、まだ…

File.4【逃走犯の行く末】

富田林署から逃走した容疑者が24日夜現在も、確保されていない...... mainichi.jp 今春にも造船作業場で勤務していた受刑者が逃走をするといった事件が起きたばかり。とりわけ今回の容疑者は窃盗以外の重罪でも罪を問われている模様で、近隣の住人はさぞ不安…

【ドラマ「高嶺の花」に隠されていた新事実?】エースの芸能日誌 《8月3日版》

以前【世紀末の詩】について語ったことがあったけれど、この作品に「野島ドラマ」が集約されていたなと、あらためて....... 【人間・失格】の誠と留加の会話にあった『人類最悪な犯罪者』の件とか【この世の果て】の純と砂田ななの『目が見えるようになった…

盆休み前SP1【読書記録】ー私が見た21の死刑判決ー

現行日本の「死刑制度」は恐怖以外の何物でもない...... なにせ、いつ“お迎え”に来るのか分からない。執行は刑当日に言い渡されるからだ。こうしたギリギリな心理状態が、ヒトによっては何十年も続く‥。考えてみただけで恐ろしい。 だから、稀に『死刑になっ…

【私は、見た!】エースの芸能日誌 《7月26日版》

初回11.1%から順調に?視聴率を一桁台へと減らした、石原さとみ主演【高嶺の花】。夏空のごとく開始早々雲行きが怪しくなってきたこのドラマに、明日はあるのかーー (C)amazon ‥まぁ以前の、まだパワーがあったころの野島伸司なら、出だしは悪くてもチャラ…

【2019年、北海道に「銀河系軍団」現る?】エースのやきう日誌 《7月20日版》

花火だ!TUBEだ!‥そして、夏といえば 高校野球だ! そんな御方も大勢いらっしゃると思う。むろん、アマチュア野球なら、ほぼオールシーズンそこかしこで試合は行われているが、今夏はなんとっても記念すべき第100回大会。甲子園にゆかりのある超大物ゲ…

【そこに、愛はあるのかい】エースの芸能日誌 《7月19日版》

蚊って、気温35度以上で活動しなくなる‥というか、ずいぶんと鈍くなるようだ。 そういえば最近ヤツらを周辺で見かけなくなった。梅雨時期に施しておいた「防虫対策」が功を奏しているのかと思っていたのだけれど、本当のところは、この異常な暑さによるもの…

【野島伸司に描かれる者】エースの芸能日誌 《7月17日版》

なんかこう、人生に疲れているときや行き詰ったとき【世紀末の詩】が観たくなるんだよーー この感覚、一度でも観たことがある人にしか解らないだろうなァ。めっちゃ主観。 ‥いやね、今から20年前にNTV系で放映されていたテレビドラマなんだけど、毎回『愛と…