センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

私事

2017秋の特別編放送直前sp 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.8

・隣室に住む住人の足音がうるさい(フローリングならスリッパ履けよ) ・新聞をとっていたときの集金人に道端で偶然会い、挨拶したらシカトされた(したくもなかったけど、一応こっちはしたんだゾ) ・図書館にて、人がいる前で堂々と屁をこくオヤジ(一体…

ちょっと気になった雑誌のヒト volume.11 【高橋一生】

読書に集中するため、恒例のマックへ夜な夜な足を運んだ。 客もまばらな店内。注文を済ませ、席について珈琲をすすっていると、なにやら店員たちのヒソヒソ声がこちらにまで届いてくる.... ♂『20代後半ってとこじゃね?』 ♀『いや、30はいってるっしょ!?』…

結婚シミュレートできなかった男の悲恋?「世にも奇妙な物語」最怖トラウマ回 番外編

徹底的に男社会で育ってきた僕は、初めて“交際”らしきしたのも遅く、ハタチを少し過ぎた頃だったと思う。 映画デートというものには、たしかに憧れていた。しかし一方でしたたかな計算もあった。映画なら3時間前後は約束される‥。「付き合いたて」のときに陥…

学歴なんてクソくらえ(笑) 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.5

今おもうと、息苦しい世の中だった。 勉強、勉強、また勉強‥。現代を生きる子供たちがどうなのかは知らないが、我々の頃は「学習塾」に通わされていない子の方が珍しかった。なぜ学校以外でも、勉強をしなければならないのか。‥“時代”と言われればそれまでだ…

バブルと奇妙(笑) 「世にも奇妙な物語」 最怖トラウマ回volume.4

決して心から望んでいたわけではなかったが、ここまで独身貴族(?)を貫いてきた筆者..... 別に結婚したいとも思わなかったし、何より僕は「ひとり」が好きだった。何度かチャンスというか、してもいいかな‥そう思えるくらいのヒトも、いたにはいたけれど、…

「ドラゴンクエスト」で甦る記憶? 世にも奇妙な物語 最怖トラウマ回

ドラゴンクエストはやられていますか? 僕もちょびちょびやり始め、最近ようやくホムラの里にて、ベロニカとセーニャを仲間に加えたところ。これでだいぶ戦闘が楽になった(笑) 久々のドラクエだったので、不明な点も多く、この前も「どうの大剣」なる、序…

僕から彼女へ、ファイナルアンサー?

ここ、はてなブログに移ってきてからなにげに1年以上経つのだけれど‥‥僕ほど「はてな機能」を使いこなせていない人も、いないだろうなぁ。 いまだに“はてブ”?の使い方とかもよく分からないし、設定も開始当初のままだし、こちらから読者登録?なんかもして…

「デキる」女と遭遇した顛末

先日、とある場所で、とある女性と食事をしてきた。 早速だが、ヘコんでいる。 その女性は初対面だったが、自分でも驚くくらい趣味が合い、たいへんに盛り上がった‥ように、少なくとも僕は感じていた。具体的ではないにせよ、次回の約束も取り付けた。 妻子…

ダーマ神殿の謎

いよいよ本日発売となった【ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて】。 新作は5年ぶり‥か。オリンピックよりも待たせてくれやがる(笑)。3年前に亡くなったドラクエ愛好家・淡路恵子さんも、天国でプレイされることを望む。 かくいう筆者も、シリーズ2作…

海を、“感じただけ”の人のハナシ

ここ最近の尋常ではない暑さと、ひいきチーム(野球)の見るも無残な惨敗っぷりで何もする気が起きず、週末はずっと自宅に引きこもっていた。 こういうときのために、こういうヒトのために「ゲーム」があるが、あいにく自分はゲームをやらない。ドラクエの発…

冒険者たちの真理

この世の中には「冒険者」と呼ばれる人がいる。 ウィキペディアによると‥【なにかの目的で、それが名誉、利益のために、あるいはなんらそれがもたらすものがなくても冒険それ自体のために危険な企て、冒険、試みに敢えて挑戦を試みる人たちのこと。あるいは…

「貧乏」が阻むものものある

「子は親を選べない」とは、よくいったのものだ。本当に救いようがない。 ガキの頃は常日頃から感じていた。身体的な部分は、遺伝だから仕方がない。天才で生まれなかったのも、そもそも親が凡人であるせいだ。これも諦めがつく。ただ、譲れない点がひとつ‥‥…

志村けんになりたい

当時の「全員集合」の映像を視ていると、客席にいる子供たちが主役の登場を心待ちにする様子がよく伝わってくる.... いま視ても、正直、あまり面白いとは思えない。 私がオトナに“なってしまった”のも多分にあるのだろうが、あながちそれだけではないような…

隠れた名店

ネットを主戦場に文章を書き始めるようになってから、かれこれ8年くらい経つ.... よくも飽きもせず、たいして注目を浴びたこともないのに(笑)こうも続けてこられたと我を褒めてみたくなるが、ただ単に、文章で表現をすることが元々好きだったんだと思う。…

ある男の幸せな妄想

最近、ろれつが回らないことがよくある.... といっても、別に自分の場合は脳系の疾患を持っているわけではない。原因は解っている。他者よりも「言葉」が圧倒的に不足しているのだ。つまり、トークの欠乏だ。 これは一人暮らしの方に陥りやすい。出不精の私…

イトーヨーカ堂と愛

自分の大きな夢を追うことが 今迄の僕の仕事だったけど 君を幸せにするそれこそが これからの僕の生きるしるし このチューリップの名曲、【青春の影】ではないけれども、そんな生き方もアリなのではないか‥‥最近そう思えてきた。 誰かのために“仕事”なんかし…

野球中継の(秘)愉しみ方

サムライジャパンのLA行きが決まった そのことについて特に感想はないが(笑)、広島東洋の菊池涼介‥ですか?守りが絶品ですなぁ。いやぁ、すばらしい。去年の日本シリーズで広島と当たることになったから、少しマークはしていたのだけど、ここまでとは‥。…

センテンス・ベースボール(長文・超動画)

今はフェイスブックが全世界的に普及して、繋がった旧友や前の職場の同僚と会ったりする、なんて機会も以前より増えたと思う。 ‥筆者はフェイスブックをやっていないからそういったことはないのだが、道端で偶然会ったりは、今後あるかもしれないし、今まで…

色んな、プライド?

◇小倉優子が離婚?! それにしても、昨今どうしてこうも浮気する輩が多いんだろう。まぁ表沙汰になっていなかっただけで、昔から不倫する男はたくさんいたんだろうけれど。既婚者の6、7割だかは浮気している‥‥そんなデータが、先日テレビでも紹介されていた…

「電話」が織りなす、ドラマ

夜更けの電話 あなたでしょ 話すことなど何もない 《中略》 愛は消えたのよ 二度とかけてこないで ご存知、杏里の名曲【オリビアを聴きながら】の一節である。 別れたあの人からの電話かもしれない。たぶんそうだろう。出ようか、出まいか..... 携帯電話など…

彼の伝言 「決して許さない」

死者からのメッセージを、ふたたび受信した。 憎くて憎くて仕方がない。まだ若かった彼は、ヤツを「殺せ」といっている‥。文字にすると物騒だが、“当事者”からすればそれもまた確かな真理なのだろう。彼の想いを訊いて、私もヤツのことを少し思い出していた…

「元気が出るテレビ」に欠かせなかった男

【愛人の鑑!松方弘樹を看取った山本万里子「女の道」】 そう題されたセンテンススプリングの記事によると、愛人とされる山本万里子と松方氏が出逢ったのは1991年とのこと。氏が妻子持ちだったために「略奪愛」ともいわれた。これに引け目を感じていた彼女は…

背番号「0」のベストショット

学生時代、富士ゼロックスでアルバイトをしていた。 機密性の高さ故、詳しい業務内容はここに書けないのだが、単発の仕事が年に数度。時給も良かったし、けっこうおいしい事務の仕事だった。 そこの社員に私は気に入られたようで、仕事がある度に呼ばれて現…

動物園で撮った家族の写真 【上野動物園120周年記念行事実行委員会 編】

◇俺が産まれる前からいるって、すごくね? ‥ちょっと木村拓哉風味でいってみた。 主は恩賜上野動物園にいる、ガラパゴスゾウガメのタロウ。1969年に来園。飼育動物の中では最長寿であり、推定年齢87歳!なんだとか。 たしかに今のサブ~い季節、常にポカポカ…

ブログ・スタイル

約2週間ぶりか。前回記事の更新から、私にしては空いてしまった。しばらく更新がなかったができなかったのは、なんのことはない“機械上”のトラブルがあったためである。 それまで熱心に更新していたブロガーなどの動きがピタリ止まると「こいつモチベーショ…

ドラゴンクエスト発 「トラウマ級」の“迷”キャラクター

昨年暮れにNHKで放送されていた【ドラゴンクエスト30th そして新たな伝説へ】が、なかなか良かった。 堀井雄二氏と対談に臨んだ山田孝之‥。なるほど彼はドラクエ好きだったのか。それなら、ドラマで着ていたあの「マントスタイル」も、まったく苦ではな…

卑屈にみた、映画 【オデッセイ】

エウロパに地球外生命体がいる‥‥ 昨年とある雑誌で偶然知ったのだが、私にとっては、驚愕の“新事実”だった。 もちろん今の段階では「仮説」である。しかし、木星第二衛星のこの星には、地球の海とよく似た水域が存在し、何かしら生物がいる可能性も極めて高…

本当の浦島太郎

お正月‥いくらか休むことができるのだが、単身の私にはこの期間、けっこう暇だ。面白いテレビもやっていない。ひたすらネットサーフィンをしているのもなんだし、有り余る時間を利用して、この際、日ごろ目にしない映像作品に目をしようと、事前に某レタルシ…

「この世の果て」で見る景色

優しすぎるのも人を傷つけることがあるんだよ ‥似たものも含めると、これまで2、3回云われた気がする。青かった頃は真意をはかりかねていたけれど、最近になって、ようやく少し解った。たとえば、小室哲哉なんかも、この手のタイプの人間かも知れない。‥いや…

リアルコンビニ人間?

【私の週間食卓日記】と題された、もうすぐ1000回に迫ろうかという人気連載?が週刊新潮にある。 むろん、取り上げられるのは著名な方たち。彼らが1週間、どこでどんなもの食していたのかをレポート方式で発表され、最後に総評として栄養士から食生活におい…