読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

生き方としての野球

ひとつ上の学年の、ヨシオカくんという先輩の記憶は鮮烈だ。

 

 

エースで4番‥‥。投げるスペシャリスト・打つスペシャリストを養成する学校が多いのか、近年はだいぶ少なくなったようだけど、我々の時代には、まだこうした“二刀流”な球児が大勢いた。

 

桁違いのパワーでホームランを連発。投げては、相手打者を赤子の手をひねるかのごとくキリキリ舞いさせる‥。特にリトルリーグを経ずに“中学デビュー”となった私の目に映るヨシオカ君は、まさに「スーパー」な存在だった。

 

私がまだウブであったのを差っ引いたとしても、現実に投打でチームを牽引するヨシオカ君の力で、うちの学校はかなり良いところまで勝ち進んでいる。‥彼のような男がいずれプロの道に進むのだろうと、当時の自分ならずとも、周りにいた皆も、おそらくそう感じていたはずだ。ところが....

 

 

進学した野球の強豪校では、かろうじてレギュラーになった模様だが、一年生からではなく、たしか彼が三年生の時だったと思う。しかもピッチャーではなく、セカンド‥。むろん、二塁とて誰もができない、難易度の高いポジションであるが、あの超中学級のヨシオカ君がエースになれなかったこと自体、私には意外で、投手以外のポジションを任されていることの方に、驚きを覚えるのだった。

 

上には上がいる---

 

その後、高校卒業後のヨシオカ君の足跡は知らない。高校で名を馳せたわけでもなく、もちろんプロにも行けず‥。私には、彼がひとつの「指標」となっていた。ヨシオカ君がプロ野球選手になれなかったのだから、たとえどんなに努力しても、私がプロ野球選手になるのは不可能であっただろう。仮に星一徹のような父親がいても、少年野球から英才教育を施されていたとしても、まちがいなく「ムリ」と云いきれる。

 

ヨシオカ君という存在が、幼少の頃から切望していた、はかない夢を容易に断ち切らせてくれる。ヨシオカ君でムリなら、私になれるわけがない‥。彼はそれほど「スーパー」だったのだ。

 

 

しかし、方法がまったくないわけではない。東大や京大に入り、そこでレギュラーとなって注目される。現にそういった選手がいた。東大に入る頭脳がないとなると、いよいよプロになるのは諦め、どうにかして「野球界」に携わっていければと、ある種の妥協をしなくてはならない。

プロ以外にも独立リーグが、今は日本の各地にあるし、残念ながらそこで選手になれなくとも、裏方としてチームの屋台骨を支えていく生き方もある。裏方なら、あるいはプロの門戸だって、こじ開けることができるかもしれない。

 

 

現在は女子プロ野球もあり、スタジアムを一層、華やかにしてくれているのは、全12球団にいる踊り子たち(言い方が古い)である。「ウグイス嬢」に憧れる女性も、結構いるのではないか。昨年、勤務中の“選手いじり”で、にわかに脚光を浴びた職種だ。

 

太田すなおさんという方を、ご存知だろうか。あの杉谷拳士をいじったウグイス嬢の大先輩であり、もともとライオンズ球団でアナウンス役を担っていた女性‥。‥実は、私も最近知った。

 

長谷川昌一氏著【極貧球団 波瀾の福岡ライオンズによると、過去にライオンズやファイターズに在籍した吉岡悟選手と結婚されたそうである。“ヨシオカ”つながりは、本当に偶然だが、プロ野球選手と身近にいれば、当然こういったことも起こり得る。

 

ちなみに本書は有意義だった。西武発足前の太平洋クラブとクラウンライター時代の6年を道のりを振り返ったもの。中卒選手がいた事実や「ドローチャー監督事件」など、私が初めて知る事柄も多かった。

著者は以前にも3年で消滅した「高橋球団」についての本を上梓しており、今回は2年で西武に売却したクラウンライターに着目した‥というのが執筆のきっかけであったらしい。それなら次回は、わずか1年で消えた「日拓ホーム」を取り上げてと、折をみてリクエストしようかと思う(笑)

 

 

極貧球団

 

知識や文才を活かした物書きでも、野球界と立派に携わっていけるし、こう考えてみると、男女とも通ずる「道」は、案外多いようにも感じる。筆者はいささかコレに気づくのが遅かったが、将来的に「野球」と関係して生きたい学生や若人は、夢を捨てずに追って頂きたい。