読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

北の大地発 「背番号11物語」

大谷翔平、来オフにもポスティングでメジャー挑戦か?

 

 

気の早いところでは、そんなふうに云われている。こればかりは、まぁ既定路線というか、日ハム入団に際する条件の中にも盛り込まれていたのだろうから、致し方ないけれども、希望的観測を云わせてもらえば、2019年まではなるべく日本にいてほしい。

7年間、日ハムでプレーしてくれたら、ダルビッシュ有東北楽天にいた田中将大の在籍期間と同じになる。‥海外FAの抜け道、いくらポスティングシステムを利用するにしても、この7年という年月がひとつの目安となるのではないか。

今現在、明確なルールはないが“暗黙の了解”のようなカタチで、選手間でも定着すればいいと思っている。7年いても、翌年26歳‥。イチローにいたってはプロ生活10年目で海を渡った。遅すぎるということはなかろう。

 

 

万が一、想定していた時期よりも早く、大谷がメジャーに行くとなったら、戦力的な部分はおろか、興行面においても大打撃を受けてしまうが、日ハムには「ウルトラC」がある。それは、

 

ダルビッシュ有の帰還だ

 

レンジャーズとの契約期間は来期で終える。仮に一部報道のように、大谷が再来年にメジャー移籍するとしても、入れ違いで、ダルビッシュがハムに復帰し、背番号「11」をふたたび身にまとったら‥‥

これは、もはや「ドラマ」である。『ダルビッシュさんが向こうに行ってる間は、僕が11番を付けさせてもらいました。ダルビッシュさんに代わって今度は僕がメジャーに行きますが、ファイターズをお願いします』 『おぅ、任せとけ!』

そんなやり取りが両者の間で交わされたと、想像をしただけで、ゾクゾクとしてしまう。‥‥無論、筆者が勝手に云っているだけの「ウルトラC」であるが、可能性としては、近い将来、十分あり得るだろう。

 

 

ダルビッシュ有の変化球バイブル アンコール

 

 

金満球団の札束攻勢にも、ダルビッシュは、きっと動じない。待ってくれているファンのありがたさ、入団時から常々口にしていたファンへの感謝の想い‥‥金よりも大切なものを、彼は分かっているからだ。「黒田的」な選択をしてくれると、願っているのではなく、ファイターズファンなら誰もが信じている。

 

メジャーに行った選手の大半は、国内プロ野球に復帰する際、「古巣」を選んだ。帰還を約束しながら果たせなかった城島健司のケースもあるが、あれはソフトバンク側が獲得に熱意を見せなかったから。古巣が獲得を望んでいるのに、それを振った選手は、私自身は過去に、中島宏之(現オリックス)くらいしか知らない。

‥したがって“渋ちん”な傾向がある日ハムに、どこまで金が出せるか不安がまったくないこともないが(さすがに1億2億というわけにはいかないだろうし)、そこは「大谷マネー」で何とか補って頂きたいところ。

 

超人たちが紡ぐ「背番号11物語」に、これからもファンは夢を見、酔いしれ続けるーー