読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

リアルコンビニ人間?

私事 書籍

【私の週間食卓日記】と題された、もうすぐ1000回に迫ろうかという人気連載?が週刊新潮にある。

 

 

むろん、取り上げられるのは著名な方たち。彼らが1週間、どこでどんなもの食していたのかをレポート方式で発表され、最後に総評として栄養士から食生活においてのアドバイスがなされるのだが‥。

“見栄”とかもあるかもしれない。朝から何やら小洒落たものを召し上がったり、夜は夜で高級チックな料亭に足を運んだエピソードを綴る有名人もたいへん多く、正直、庶民の私はあまりいけ好かなかった。

 

ところが週刊新潮 2016年 11/17 号 [雑誌]木下ほうか氏の回は何もかも異例ずくめ。あの安さをウリにしているイタメシ屋【サイゼリヤ】と、ロケ弁の話に終始しているのだから。カテゴリでいえば完全に“こちら寄り”の人間である。

サイゼリヤへは筆者もたまに行くが、メニューは大抵決まっている。シナモンフォッカチオとミラノ風ドリア。それから稀に赤ワインを嗜む。本文にある「イカ墨スパゲッティ」は試したことがなかった。今度チャレンジしてみよう。

 

現在52歳で独身という木下氏。お察しのとおり、外食及びロケ弁で済ませてしまう機会が多いそう。ただ、そんな中でも白飯を半分しか食べず糖質制限をするなど、ささやかながらも健康面にも気を配っている‥つもりなのだが、当然、栄養士がつけた点数は赤点間近の55点と辛め。食生活の見直しをはかった方がよさそうだ。

 

‥と、口では簡単に云えるけれども、だったら具体的にどうすればいいんだ!という話に、毎回なる。男の一人暮らしで、仕事をしながらとなると「食」ばかりに時間をかけているわけにもいかず、まして自らが料理をするとなると、億劫になってしまいがち。

彼の回にいたく共感できたのは、まちがいなく、私自身もが似たような境遇にあるからだろう。

 

もちろん(!)料理なんかしない。自分ひとりのために買い出しをし、手間暇かけて料理をつくり、後片付けをするとか‥貴重な時間を割いてまでする気がまったく起こらない。基本、好きなものを好きなときに食べ、不足がち思われる栄養素はサプリメント等で補う毎日だ。

 

‥自慢にはならないが、おかげでコンビニ弁当には、だいぶ詳しくなった。コンビニ弁当というのは、メニューは大抵決まっている。仕事帰りに“いつも”寄る人のことはおおよそ考えていないのだ。したがって、どうしても飽きがきてしまう。だが、そこはコンビニを「梯子」して、自分なりにバリエーションが富むよう、努力はしている。

 

筆者は俄然「セブンイレブン派」だったが、ここにきて心強い仲間が加わった。ローソン君である。最近知ったのだけれど、この各ローソン店内で作っているとされる「手づくり弁当」が激ウマだった。

‥手づくりだけに、陳列される時間帯にかぎりがあるため、これまで私も見逃していた。本当に店内でバイトが作っているのか?中に腕利きの職人がいるのではないか?そう思わせるくらいのハイクオリティさに、感激した。

 

 

f:id:risingham:20161215110323p:plain

画像はスクリーンショット。筆者は豚ロースの弁当を食した

 

 

店舗によって、店に並ぶ時間は違うかもしれない。幸運にもローソンで手づくり弁当と巡りあえた人は、迷わずこれを手にすべきだろう。価格も“通常”のお弁当とほとんど変わらず、出来立てを味わえ(独身者の味方!)、味も良い。本当、いいこと尽くめである。

My「とっておき」を広めるのにいささか抵抗はあったが、読者が近所にいないことを願って。だぶん、大丈夫だろう(笑)