読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

隠れた名店

ネットを主戦場に文章を書き始めるようになってから、かれこれ8年くらい経つ....

 

 

よくも飽きもせず、たいして注目を浴びたこともないのに(笑)こうも続けてこられたと我を褒めてみたくなるが、ただ単に、文章で表現をすることが元々好きだったんだと思う。したがって、まったく苦にはならなかった。

 

これだけ長くやっていれば、もちろんアクセスの増やし方も知っているし、検索で上位にされる方法なども知ってる。アクセスを増やしたい、読者を増やしたいなら、その方法は至極簡単だ。他のブログにいって、コメントや「いいね」をつけまくればいい。そうしたら、大抵のブロガーは礼も兼ねて、あなたのブログに訪れてくれる。私も、以前は大手サイトに「相互リンク」を願い出に行ったりしたものだ。

 

しかし、挨拶を交わすだけのような儀式めいたやり取り、アクセスの増やし方に、疑問を抱くようになった。そうして、そこまでして得た読者に何の意味があるのだろう‥。

 

怠っているのではなく、自分の場合あえて行わないことにした。

もう一度訪れたい、「読みたい」と思わせるブログなら、そうした“運動”をしなくとも、自然と向こうからやってきてくれるはず。書き手に対して、本当に魅力を感じたとき‥読み手の方が、かならず行動を起こすと思う。良質なブログとは、本来こうあるべきなのだと気づいたときに、私はアクセス数云々など気にしなくなった。ただ無心に、書き続ければいいいーー

 

 

ブログの成功技術:ブログ記事の書き方究極のガイドブック

一般人のブロガーにとって「成功」とは金ではないはず 

 

 

おかげで居心地の良い場を手にできた。昔はそれなりに注目もされていたらから、人目を気にして書けないこともあった。だが、今はそういったことはない。自分という人間を、ありのままさらけ出している。

読者にとって、ここが「隠れた名店」のような場所になってもらえるのが理想。別に有名にならくてもいい‥。広めてもらわない方が、むしろいい。訪れた人だけが得をする、幸せな気持ちになれる‥。あまり人には教えたくない「知る人ぞ知る」的な場所。

 

私は名店の料理人ごとくとなり、そういった人たちのためだけに渾身の記事をささげたい。だから、昔よりも今はとても良い環境が保てている。できるだけ長く、今後もこの幸福な関係を続けていきたい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ