読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

世にも奇妙なタモリ?

映像

おじいちゃん、お口くさ~い(><)

 

 

一頃、頻繁に放映されていたポリデントCMの一コマ‥。ときに、子供は残酷である。かわいい顔をした悪魔になるときもある。無垢ゆえに容赦ない発言をオトナに浴びせかける彼らを、筆者はどうも好きになれない。

 

ヒトからよく『自分の子供ができたら(見方が)また変わる』などと、助言めいた発言をされることがある。はたして本当にそうなのだろうか。子供好きになった、ジブン‥‥?あまりイメージが湧かない。

 

 

なぜこんな話をしたかというと、「笑っていいとも!」を見ながら、生前の母親と交わされた、ある会話を思い出したからだ。

同番組には素人参加型の企画が放送開始時から多数あり(その中には一部プロも混じっていたらしいが 笑)、主に小学生以下のちびっ子たちも、かなり登場した。このちびっ子に対する、司会のタモリの接し方・あやし方がぎこちなく、ハッキリ『下手』だというのだ。

 

あれだけの芸能人をホストしてきたタモリが、子供が苦手!?

 

 

母いわく、『タモリは自分の子供を持ったことがないから』。つまり“苦手”なのではなく、ちびっ子との「向き合い方」が判らないのではないかと‥‥。

なるほどと思った。まがりなりにも二人の子供を育てあげた、まさに経験者は語るというやつである。実際どうなのかは存じ上げないが「子供好きなタモリ」、これまた確かにイメージが湧かない。孫と公園にいるよりも、綺麗な女性とバーにいる方が画になる、世にも奇妙な70歳‥。私は、タモリが好きだ。

 

 

昨年、番組開始から25年目を迎えた世にも奇妙な物語。28日(土)にも新作が放送される。しかし、この世にも奇妙‥‥。32年の歴史を誇った「笑っていいとも!」にも、迫りそうな勢いだ。ここでは司会者ではなく『ストーリーテラー』と呼ばれるタモリの絡む番組は、不思議と長寿が多い。

 

 

世にも奇妙な物語 DVDの特別編 3 [レンタル落ち]

 

ちなみに筆者は、ほぼ全作品を見届けている。初期の頃はタモリも色んなシーンに端役で登場していた。タクシー運転手、カメラ屋の店員、中華料理屋のオヤジ‥あるときは神様に扮したりもした(笑)

 

なかでも中華料理屋のオヤジになった【悪魔のゲームソフト】という作品は怖かった。気に食わない奴は片っ端から抹殺してゆく、冷酷無比な少年が本当におそろしく、私なんか、長い間トラウマとなったほどだ。

 

子供を扱った話としては、賀来千香子主演の【23分間の奇跡】(星野真理が子役で出演)。いわゆる“洗脳”とかの類の話で、政治的な観点からも、おそらく再放送は無理かと思われる、厭な恐怖感があった。

 

 

近頃は原点に立ち返って?ストーリーテラーに専念しているタモリ。「週5」のいいともが終了し、以前よりは時間が取れるようになった今‥‥今こそ、また昔のように“出演”も、していただきたいものだ。