センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

野球

【新ユニフォーム発表に「もう勘弁してください‥」&(秘)タモリ「プロ野球」ここまで言って委員会167】メランコリー親父のやきう日誌 《2022年1月22日版》

雄大な大地の上に浮かぶ、鮮やかなスカイブルー色に、胸ときめかせ........ ってなるかw なにあの新ユニフォーム、 ダッサ!! www.nikkan-gendai.com SNS上でちょいちょい同志たちのコメントを見ていたけれども、概ね不評。‥おそらく彼らが思っている以上…

【「脚力」ありきの北海道日本ハム?&新庄体制への懸念‥「プロ野球」ここまで言って委員会166】メランコリー親父のやきう日誌 《2022年1月20日版》

春風亭昇太がコロナ感染していたとのこと。これが喉の違和感から発覚したそうで、他は特にこれといった症状がなかった模様。‥こういうのを聴くと、いま公表されている感染者の数どころでは収まらない気もしてきてしまう。 事実、私も喉の違和感などしょっち…

【「ハム発」伝説の名選手&Kの受難‥「プロ野球」ここまで言って委員会165】メランコリー親父のやきう日誌 《2022年1月17日版》

清宮幸太郎がコロナ感染‥‥? つい先ほど入ってきたニュースだが、いかにも持ってない。『環境をガラリと変えるため』志願して参加したギータ塾で‥。どうしてこうも彼はケガや病気に付きまとわれたプロ野球人生なのだろう。シェイプアップに成功したという肉…

【ホームランバッターを育てよ獲得せよ(秘)ウルトラC案「プロ野球」ここまで言って委員会164】メランコリー親父のやきう日誌 《2022年1月16日版》

ふだん目にする機会の少ないセ・リーグの、昨年2021年のデータを振り返っていて、いちばん驚いたこと....... 阪神の規定打席到達者8人 コレってつまり、投手を除く全ポジションがほぼほぼ固定されていたことになるわけで‥。 さらに内4選手が20本塁打以上‥。…

【180度変わる?「北海道日本ハム」2022年ペナントレースの見方「プロ野球」ここまで言って委員会163】メランコリー親父のやきう日誌 《2022年1月13日版》

フィーチャーされるのは監督のファッションについてであったり、選手の「激痩せ」だったりと、北海道日本ハムだけどこか、別世界にいたような今オフ....... 「激痩せ」の主、清宮幸太郎が志願してギータこと柳田悠岐と自主トレを行ったとの由。‥私、この清宮…

【「来オフ」の活躍に期待したいS?&「上原浩治」への懸念‥「プロ野球」ここまで言って委員会162】メランコリー親父のやきう日誌 《2022年1月10日版》

【新婚さんいらっしゃい!】で司会を務める桂文枝が、今年3月をもって勇退するのだという...... こうしたテレビ業界の「世代交代」にも世間の耳目は集まるが、こちらも長寿な【サンデーモーニング】の場合は、はたしてどうだったのか。‥喝おじさん張本勲の後…

【「日本ハム」入り寸前だった? 茶の間の有名スター選手「プロ野球」ここまで言って委員会161】メランコリー親父のやきう日誌 《2022年1月07日版》

レコ大でなぜかプレゼンター役を務め、芸能人格付けでは大惨敗を喫しw、年末年始テレビで視ない日はなかった。別の日は某YouTubeチャンネルで、タンパリングすれすれ阪神・F浪の獲得を熱望し、金髪ダンサー美女と同居報道の文春砲までぶっ放された時の人‥‥B…

【だからやめられない?クビになった男達!「プロ野球」ここまで言って委員会160】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年12月29日版》

岩嵜翔が人的補償で中日入り....... 又吉克樹との「実質トレード」と見る向きも多い。たしかに、岩嵜クラスの投手を獲れるなら、金銭よりも人を選ぶ。‥が、この救援投手同士の交換により、割を食う格好となったのは、実、部外者の秋吉亮だったのではないか。…

【「サンモ二」ハリー後任!真の野球通がガチ推しする あの人「プロ野球」ここまで言って委員会159】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年12月26日版》

見かけない日はないというくらい、年末の特番に出まくっているBIGBOSS。早くも来年の開幕が待ち遠しいプロ野球ファンに水を差すニュースが飛び込んできた。 www.daily.co.jp 古谷の投球ぶりは筆者もよく憶えているが、ごっつい球放ってた。プロでは『左腕の…

【年末に読みたい本&嫌われた三平?「プロ野球」ここまで言って委員会158】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年12月24日版》

最初に芸能絡みから2ネタ........ 今年のM-1グランプリ優勝を飾った、錦鯉。決定直後、彼らの涙に「もらい泣き」した視聴者も多かったようだ。自分も放送を観ていたが、だいぶプロっぽくなったよね‥‥って私が言うのもナンだけれど(笑) でも、1本目がピンポ…

【西川遥輝に「贈る言葉」&(秘)BIGBOSS「プロ野球」ここまで言って委員会157】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年12月22日版》

BIG BOSS旋風が止まない....... 監督就任後、多くのバラエティ番組に出演。暮れの紅白歌合戦に顔を出すのでは‥なんてウワサも一部である。また、本人のいないところでモノマネをされていたりと、日ハム球団の費用対効果は計り知れない。その際「分かりやすい…

【名シーン「鶴岡慎也」&(秘)モノマネ「プロ野球」ここまで言って委員会156】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年12月16日版》

「年1」で送られるフジテレビ系【ザ・細かすぎて伝わらないモノマネSP】が11日、放送された....... 落合マネの牧田知丈氏、イチローマネのニッチロー氏。古くは元ハム「イースラー」物真似をする人までもが現れたりと、ニッチな「野球系」芸人を数多く輩出し…

【歌謡(珍)斎藤佑樹(株)&ビッグ・ガント?「プロ野球」ここまで言って委員会155】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年12月14日版》

そこ行くーー? と、まさにザキヤマ状態。前巨人の古川侑利投手、獲得の報....... www.sponichi.co.jp まったく名前が挙げられていなかった選手。‥誰が予想できるかっ(笑)。てっきり、BIGBOSSが挙げた選手の中から獲得すると思うやんか。 この古川という投…

【負の相乗効果?続「中田問題」&ビックボスに初苦言?「プロ野球」ここまで言って委員会153】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年12月09日版》

西川遥輝「巨人行き」の怪情報........ www.sponichi.co.jp なんか、本末転倒というか‥。巨人が獲得に乗り出すのは想定の範囲内だとして、筆者が気になったのはこの文章だ。 西川にとっては旧知の仲である選手がいる。8月に無償トレードで加入した中田だ。中…

【ビックボスSP「新庄剛志」のオンとオフ「プロ野球」ここまで言って委員会152】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年12月07日版》

テレビ朝日の人気ドラマ【相棒】。今シリーズをもって、四代目・反町隆史(47)の卒業が決まったという....... この作品自体については、またおいおい語らせてもらうとして、私、前々から思っていたことがある。冠城亘(反町)の台詞をよ~く耳を澄まして聴…

【「土橋正幸」は本当にダメ監督だったのか&(秘)錦鯉「プロ野球」ここまで言って委員会151】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年12月04日版》

【M-1グランプリ2021】決勝進出をはたした9組が出揃う....... そのメンツを見たところ、9組中5組が吉本勢。だが、筆者の推しはナンとっても【錦鯉】(ソニーミュージックアーティスツ)である。長谷川雅紀が好きなのだ。50歳なのに若手のようなノリ。芸風。‥…

【来季「勝つ」ために本気でおもうコト&(秘)秋吉亮「プロ野球」ここまで言って委員会150】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年12月02日版》

普段めったにセ・リーグの試合を観ない。というか、観られない。NTVが巨人戦中継を放棄したせいで? だから、あまりお目にかかれないセの選手も多いのだけれど、先の日本シリーズ‥‥高梨裕稔のピッチングが実によかった。直球の強さだけなら、投げ合った山本…

【ノンテンダー「大田泰示」の本音&(秘)ポンセ「プロ野球」ここまで言って委員会149】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年11月30日版》

NPBでよく見かける外国人名「ロドリゲス」「ゴンサレス」「マルティネス」。これらが日本で人口の多い「田中」「佐藤」「鈴木」に当たるかは別として、あの超個性的なネームが再びお目にかかれるとは...... www.nikkansports.com パドレスのコディ・ポンセ投…

【「西川遥輝」を擁護したい人?「プロ野球」ここまで言って委員会148】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年11月28日版》

延長目前で決勝点を奪われた3年前のワールドカップ、日本対ベルギー戦に酷似。35年ぶりの「第8戦」が見えてきたのも束の間、最終回2アウトからの速攻で東京ヤクルトが20年ぶりの日本一を決めた―― 試合終了時刻は23時過ぎ。同じカードで争われた、26年前の日…

【卑屈なジジイが「完成」するまで― あるトラウマ体験「プロ野球」ここまで言って委員会147】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年11月27日版》

たしかに今年の日本シリーズは「傍から観ていても」おもしろい。与四球を含む、細かなミスは両チームに見受けられるも、それを帳消しにする1点を争う攻防は頂上決戦の名に相応しく。中には大層に「神回」とまで評する人たちも現れて....... number.bunshun.j…

【サッチーの慧眼?「晩秋」プロ野球談議 VOL.4「プロ野球」ここまで言って委員会146】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年11月25日版》

新庄BIGBOSSの監督就任会見でこんな一幕があった。 ヴェルサーチって、何やねん―― www.nikkansports.com ノムさんに同ブランドを勧めたというのだが、咄嗟に出た「ネタ」か何かだろうか。‥いや、その可能性も疑っているのは、それより以前に沙知代夫人が【笑…

【徒然なるままに「晩秋」プロ野球談議 VOL.3「プロ野球」ここまで言って委員会145】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年11月24日版》

久方ぶりに、日本シリーズが白熱している件........ ここ2年ばかり、出場したセ・リーグチームが完膚なきまでに叩きのめされていたから、余計にそう感じる。「パ党」を謳いながら、実、今回は東京ヤクルトの方に勝ってもらいたく‥。 というのも、前に日本シ…

【徒然なるままに「晩秋」プロ野球談議 VOL.2「プロ野球」ここまで言って委員会144】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年11月23日版》

先週は結婚報道があった菅田将暉の話題で持ちきりだった。 あのクラスになれば、本当に自分が好きになった人と結婚できるのだろう。こちとら、女性に頭を下げて‥場合によっては土下座までして(笑)、ようやく向き合ってもらえるというのに羨ましいかぎりだ…

【徒然なるままに「晩秋」プロ野球談議「プロ野球」ここまで言って委員会143】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年11月21日版》

オリックス対東京ヤクルト、日本シリーズ第1戦をテレビ視聴した。 中盤までは投手戦、終盤は両チームが点を取り合うといったスリリングな展開。「頂上決戦」に相応しい戦いぶりであった....... かつてハムが出場していたときには、もう私もそればかりを気に…

【「元祖」暴露系?&(秘)稲田直人「プロ野球」ここまで言って委員会142】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年11月20日版》

何やら清原和博が新庄ビックボスの会見時の「服装」に対し、苦言を呈していたとか........ www.jprime.jp 筆者も当該動画を確認したが「嫌な気分になっている」球団関係者が、そんなにも大勢いたのだろうか。‥いずれにせよ、清原には失望した。すべては「再…

【「デブ」からの脱却?清宮幸太郎「プロ野球」ここまで言って委員会141】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年11月18日版》

瀬戸内寂聴氏が亡くなった。99歳..... 突然の訃報に驚かれた方も多くいらっしゃったと思う。私もこの方は、きっと120歳くらいまで元気に活動されるのだろうと信じて疑わなかった。ただその予兆は僅かにあって「週刊朝日」で持っていた連載に、近ごろは秘書の…

【「ノンテンダー」という名のギフト「プロ野球」ここまで言って委員会140】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年11月17日版》

「彼ら」の成績やゲーム中のテンションなどを観ていて、トレードはあるかと正直感じていたが、よもやのノンテンダー。‥この用語については下記リンク先に詳しく触れてあるから譲るとして、まったく、新庄ビッグボス就任に水を差してくれる球団の「暴挙」だ。…

【「栗山英樹」名将の道ふたたび?&(秘)R.ロドリゲス「プロ野球」ここまで言って委員会139】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年11月15日版》

栗山英樹が侍ジャパンの監督に就任? そんなニュースが飛び込んできた....... www.daily.co.jp これはこれで楽しみだけれど「大谷招聘ありき」となっているのが、若干かわいそう(笑)。たしかに大谷が日本代表入りすれば、WBCへの国民の関心も段違いに高ま…

【「25年ぶり」の共通点&「上田監督」に喧嘩を売った男「プロ野球」ここまで言って委員会138】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年11月13日版》

オリックスが25年ぶりのリーグ優勝、クライマックスシリーズも勝ち抜き、日本シリーズ進出を決めた....... 「25年ぶり」と聴くと、久々に優勝を果たした2006年、あのときの日本ハムと同じ。終盤戦にきて投打の歯車がガッチリと噛み合っていた点といい、若手…

【「ハリーの功罪」&日ハム入り濃厚?のK「プロ野球」ここまで言って委員会137】メランコリー親父のやきう日誌 《2021年11月11日版》

新庄ビックボスの監督就任前後、SNSでの「匂わせ投稿」が静かに注目を集めていた....... いつのまにかツイッターの壁画画面が現在建設中の新球場になっていたり、おおいにその「予感」を感じさせるものだった。最近、これ以上に北海道日本ハム入りを匂わせ投…