センテンス・オータム

ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて... (シーズン中は野球ネタ多し)

音楽

ちょっと気になった雑誌のヒト volume.9 【グッチ裕三】

ネット辞書によると【エセ】とは、2通りの意味があるらしい..... 1.似ているが、本物ではない、にせものである、の意を表す 2.つまらない、とるにたりない、質の悪い、の意を表す ‥似ているが、本物ではない、これは当然。なおかつ、つまらなくて“とるにたり…

ちょっと気になった雑誌のコ volume.3 【今井絵理子】

何かとお騒がせな元SPEED・今井絵理子クン.... 筆者は世代的にモロSPEED世代である。当時の男たちは、大体そっちか、全盛少し前の「モー娘。」‥。“二大アイドルグループ”に熱を上げていたように思う。 デビュー当初は、安室奈美恵やMAXらに代表…

熱かった「公」の日の、1993

花咲徳栄高校の優勝で幕を閉じた、今夏の甲子園.... 決勝戦の行方は私も見守っていたが、そもそも埼玉県勢が決勝に進出したこと自体、24年ぶりであったそうだ。 24年前、春日部共栄の2年生エース・土肥義弘が甲子園のマウンドで躍動。優勝した育英打線には大…

ちょっと気になった雑誌のコ volume.2 【平原綾香】

ずっとお近づきになりたかった彩香チャン。 『あ、あのアヤカさんって‥』意を決し、彼女に話しかけてみたら 『わたし!サヤカです‥』 そんなオチがあった。 事前に彼女の情報を仕込んでなかった、僕のミス。若気の至りである。 ‥それ以来というもの、一見あ…

海を、“感じただけ”の人のハナシ

ここ最近の尋常ではない暑さと、ひいきチーム(野球)の見るも無残な惨敗っぷりで何もする気が起きず、週末はずっと自宅に引きこもっていた。 こういうときのために、こういうヒトのために「ゲーム」があるが、あいにく自分はゲームをやらない。ドラクエの発…

中田翔なんか〇イ〇〇イ?

ハムが北海道に移転する前後の年くらい‥‥私がファイターズファンであることを初対面の人に告げると、大抵は小笠原道大の話を持ち掛けてきた。 当時、彼はファイターズきっての有名人。タイトルを獲得するなどして、すでに全国区の選手となっていた。小笠原の…

「尾崎豊」を唄わなくたっていい

息子を、尾崎豊にダブらせる..... なかには、そういったファンもいるだろう。たしかに尾崎のDNAを持った息子は、父と瓜二つな声をしている。けれども、当然、尾崎豊ではないし、彼になることも、今後近づくこともできない。あくまで「カバー」の範疇。う…

ある男の幸せな妄想

最近、ろれつが回らないことがよくある.... といっても、別に自分の場合は脳系の疾患を持っているわけではない。原因は解っている。他者よりも「言葉」が圧倒的に不足しているのだ。つまり、トークの欠乏だ。 これは一人暮らしの方に陥りやすい。出不精の私…

「電話」が織りなす、ドラマ

夜更けの電話 あなたでしょ 話すことなど何もない 《中略》 愛は消えたのよ 二度とかけてこないで ご存知、杏里の名曲【オリビアを聴きながら】の一節である。 別れたあの人からの電話かもしれない。たぶんそうだろう。出ようか、出まいか..... 携帯電話など…

【そして生活はつづく】 星野 源

◇福山雅治の次は、星野源 巷では、そうも囁かれているらしい。由来は福山同様、唄えて芝居もできるからだとか。しかし、見た目の印象は、“本家”に程遠い。‥背も大きくないし、無茶苦茶にイケメンというわけでもない。実際、私の周りでも「なぜ星野源が人気あ…

進化し続ける、浜崎あゆみ

バスケ界には「花の78年組」なんてものが存在するらしいが、野球はどうなんだろう ‥この世代は“エアポケット”だった気がする。一個上に福留孝介(PL)がいて、一個下に川口知哉(平安)、二個下には、あの松坂大輔(横浜)がいた。プロ入り後の活躍云々は置…

石田ゆり子の奇跡

ASKAの罪は大きい.... 同じ“はてブロ”仲間として(最近知った)、また一時でも彼らが奏でる楽曲のファンであったため、あまりASKAのことを悪く言いたくはなかったが、今、あらためてそう感じる。 チャゲアスの古参ファンはもちろん、全国にいる「ア…

電車男の、電車男による、電車男のための 「愛の迷路」

しんじゅくはらじゅくろっぽんぎ~ この後が思い出せない。巨人・篠塚利夫の応援歌、の替え歌。 気になってネットで調べていたのだが、それと思しき情報はヒットしなかった。‥幻ではなかったはず。断片的な記憶を手繰り寄せると、いささか彼を侮辱したような…

福山雅治 【冬の大感謝祭 其の十六】にて、冷静に私が感じたこと

「吹石一恵はパパ似だよなぁ」と、しみじみ思う。 ご存知、一恵のパパ・徳一は、今は亡き近鉄バファローズに所属していた元プロ野球選手。彼女が産声をあげた1982年ごろは100試合前後に出場する準レギュラークラスであったから、公私とも順調にきていた時期…

あえて「愛のかたまり」を

18日放送分の「アッコにおまかせ」で、クリスマスのプレゼント交換を夫婦間ですべきか?といった議論がなされ、ちょっとだけ注目していた。 他の出演者が「YES」の札をあげるなか、和田アキ子だけが「NO」。‥訝しがるのをよそに、彼女はつとめて強気にこう言…

日本男児に目を向けよ

お隣の韓国では、パククネ大統領の退陣をめぐり、大騒動となっているそうだ。 もはや彼女が大統領でいられるのも時間の問題かと思われる。が、数万人単位の退陣要求デモまで起こってもそのポストに居座り続ける、パクさんの強靭なメンタルは、なかなかのもの…

もう、アッコにおまかせられない?

和田アキ子には、心底うんざりだ。 紅白の落選が決まった直後、プライベートの場ではなく公共の電波を使って『紅白を見ない』『大晦日は日本を発つ』などと発言していたそうだが‥‥いいお歳をされたオトナが何を云っているのだろうか。拗ねた子供か? まがり…

小早川の断罪

キッビダン キビキビダン♪ 水曜日のカンパネラの【桃太郎】。最近あのサビ?部分が絶え間なく脳内をリピートしている。 たまたま「センテンススプリング」でコムアイを紹介する記事を見かけ、試しに歌唱動画を見てみたら、一発で気に入った。 それまでコムア…

「逃げる」という選択肢

幸福は一夜おくれて来る ‥とは、太宰治【女生徒】の中にある一文で、私も好きなフレーズだ。 主人公は「幸福」は一生やってこないものと悟っている。けれども、明日は来ると“信じて”寝て待つとも‥。一見矛盾しているように感じられるが、要は気持ちの持ち様…

「フクヤマ」になれなかった、男の話

11月は、まだ「秋」という認識を勝手に持っていたが24日、日本列島は真冬並みの寒さに見舞われた。11月中にあれだけまとまった雪を都心部で記録するのは、約半世紀ぶりなんだとか‥。どうりで記憶になかったわけだ。でも、これからが本番。槇原敬之ふうにいえ…

紅白初出場 「KinKi Kids」 に思うこと

2016紅白歌合戦の出場歌手が内定、今日24日にも正式に発表されるという。 まず、大きなトピックとしてスマップが辞退、和田アキ子は落選。オリエンタルラジオ、RADWIMPS、宇多田ヒカルが初出場。ただ今、絶好調‥というより、ただ調子に乗っているだけの感も…

狙い通りの?あとひとつ

流行語大賞にもノミネートされそうな「センテンススプリング」を見ていて、今年は何か【加藤】というキーワード、人名をよく見かけた気がする。 加藤紗里‥加藤紘一‥加藤綾子‥ファンキー加藤 個人的にも加藤優(女子プロ野球)、加藤貴之(北海道日本ハム)の…

尾崎豊 ーきっと忘れないー

ひとりの女性に向けて、ほとばしる愛を唄った曲.... その曲がかかった場所は、野郎同士が熱い闘いを繰り広げる京セラドーム。いささか“不釣り合い”であった。 尾崎豊の、シェリー。 オリックスバファローズの新鋭・若月健矢が自身の「登場曲」として使用して…

「ファイターズ讃歌」 速水けんたろう

そうか‥そうだったのか‥‥ 今年、たびたび耳にする薬物絡みとかであったなら、おもいっきり罵倒しようかと思っていた。しかし、事情はまったく違った。‥速水けんたろう、あなたの不運はファイターズファンにとっても不幸だった。 ラッキーイニングに上杉周大…